無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


評価額1000億円超でも「従業員10人程度」Clubhouseの人材不足。エンジニア急募で新展開生み出せるか

prime_clubhouse_recruit

招待制音声SNSアプリ「クラブハウス(Clubhouse)」。日本でのローンチが大きな話題になった一方、早くも「飽きた」「Clubhouse疲れ」といった声もあがっている。今後どんな使われ方をしていくのか。

rafapress/Shutterstock.com

  • 話題の音声SNSアプリ「クラブハウス(Clubhouse)」は500万ダウンロードを突破、評価額は10億ドルに達している。
  • ただし、アプリを運営するアルファ・エクスプロレーション(Alpha Exploration)はまだ従業員10人超の小所帯だ。
  • 同社は近い将来スタッフを倍増させる計画で採用を進めている。

2月9日の夜。ミスタービースト(MrBeast)の名で知られる人気YouTuber、ジミー・ドナルドソンはベンチャーキャピタリストのスリラム・クリシュナンとクラブハウスで対談。

ところが、技術トラブルが発生してドナルドソンがはじき出されてしまったため、アプリを運営するアルファ・エクスプロレーションのスタッフが彼をオンラインに復帰させようと大至急の作業にあたる一幕があった。

クリシュナンはルームでこんなことを口にしている。

「ちなみに、クラブハウスは採用を強化してる。(我こそはと思う人は)売り込むならいまが絶好のタイミングなんじゃないかな」

クラブハウス創業者のポール・デイビソンが米公共ラジオNPRで人気司会者のガイ・ラズに語ったところによれば、同社の従業員は現在のところ10人程度ながら、アプリは偉業と言っていいほど急速な広がりを見せているという。

その成長は驚異的で、WIREDの記事によれば、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が1月31日(現地時間)に初めて姿を見せたあと、アプリのインストール数はわずか数日で300万から500万に跳ね上がった。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み