無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


楽天「1141億円最終赤字」決算を読み解く5つのポイント…三木谷氏が強気の理由

楽天ロゴ

楽天は2020年通期決算を発表した。

撮影:今村拓馬

楽天は2月12日、2020年度通期決算を公表した。売上高は1兆4555億円と前年同期比15.2%増。一方で、営業損益は1027億円の赤字とモバイルや物流などといった事業への投資がかさんだ。最終損益は1141億円の赤字。

楽天の2020年がどんな1年になったのか。同日の決算会見や会長である三木谷浩史氏の発言から見ていく。

1. 楽天モバイルの契約数は「想定以上」

モバイルの業績推移

モバイル事業の業績推移。

出典:楽天

新プランを発表した直後の決算会見だったこともあり、取材陣からの質疑の多くはモバイル事業に集中した。

楽天のモバイル事業は、2020年第4四半期では451億円の売り上げに対し、725億円の営業損失を計上している。

楽天モバイル社長の山田善久氏は損失額の内訳について明言しなかったが、「ネットワークを(前倒しの計画で)構築している故の損失」と語っている。

また、楽天モバイルは累計契約申込数が2月8日時点で250万を突破したと発表。これについて三木谷氏は「当初想定したよりも早い」と語り、「今の申込者数が続くなら、(ネットワーク設備のキャパシティーが)正直に言って足りなくなる」と、投資の必要性に言及している。

2. モバイル事業に巨額の投資をする意味

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み