「目立ったことするな」保守的な住職の父に仕掛けた説法ラップバトル【稲田ズイキ・僧侶2】

サムネイル画像2

舞台は京都の南、巨大なショッピングモールだけが存在感を主張しているような田舎町の、小さな寺だ。チーンという鉦(かね)の音とともに「shake it shake it 釈迦」というラップが始まり、白い着物姿の副住職、稲田ズイキ(28)が、ライムを刻み始めた。

「何もねえ町 これは白紙 つまり革新の価値ある余白に変えてく 俺がそう坊主 描いてく この先の予想図 わかるかこのemotion」

DOPE寺

提供:稲田ズイキ

対するは、水冠を被った法衣姿の父住職。こちらもラップで返す。

「のう お前何言うとんのや 何が白紙? 何が革新?」

2017年に稲田が実家を舞台にプロデュースした「寺主(じしゅ)」製作映画『DOPE寺』の1シーンだ。2人の後ろでは、本物の檀家のおじちゃん、おばちゃんたちが半分面白そうに、そして若干困惑の表情で、ビートに合わせて3本指を振る。

稲田と両親は撮影に当たって、ポスターを手に全檀家を回り、出演をお願いした。大半の人が「面白そう」「お寺が盛り上がるなら」と快諾してくれたという。

稲田は高校時代に脚本家を志し、賞に応募した経験もある。

「田舎ならではの寺と檀家の近さや、コテコテの寺の風景と音楽のアンバランスさを映画で表現できたら、外からは奇怪にも、面白くも映るんじゃないか、と思ったんです」

と、制作の動機を語った。

確かに映画からは「厳粛で荘厳」といった従来のイメージとは違う、金色多めで衣装も派手めな、お寺の別の顔が見えてくる。

「仏教をばかにしている」先輩僧侶から叱責

大学時代の稲田

大学時代の稲田。髪型も衣装も「僧侶」のそれだが、修行には身が入らなかったそうだ。

提供:稲田ズイキ

稲田は、兄が早くから寺を継がないと公言していた上、「優しいから、あなたの方が僧侶に向いている」と親から勧められたこともあって、子どものころから何となく「寺を継ぐ」と決めてはいた。しかし僧侶を「辛気臭くて、ダサい」と思っていた時期も長く、中学時代は自分に線香の香りが染みついているように思えて、気になっていたという。大学の夏休みなどに、一定期間行われる修行を終えた時も、「虚無感でいっぱい」だった。

「父や近所の和尚さんを見ていると、毎日同じことの繰り返し。うちの寺は小さくて住職一本じゃ食べていけないので、就職してサラリーマンをやりながら法事やお葬式をする、という道筋も見えてしまった。自分はこれで人生終わるのかと、絶望した」

「僧侶の息子あるある」だというが、修行にも身が入らず「だらだらやっていた」(稲田)。僧侶になる最終試験の穴埋め問題では、来迎引接(らいごういんじょう)という仏教用語を思いつけず、記憶にあった音を頼りにこう書いた。

「清涼飲料」

修行が終わって解散する時、稲田だけが残され、指導役の高僧たちに囲まれて、「仏教をばかにしている」と散々絞られた。ある指導員はこう言ったという。

「清涼は仏教用語やから百歩譲ってまだ許せるけど、飲料はあかん」

その後稲田は、「フーリスタイルな僧侶たち(フリスタ)」との出合いなどさまざまな経験を経て「仏教ラブ」を公言するに至る。修行についても「今となっては、もっと学んでおけばよかったと後悔している」と話した。

映画祭にテレビ取材、100人が来訪

テラランド

2017年には「テ・ラ・ランド」と題した映画祭を企画したが、父住職は否定的だった。

提供:稲田ズイキ

稲田は2017年、東京にある広告代理店への就職が内定した。将来は地元に戻って寺を継ぐと決めていただけに、いざ故郷を離れることになると、後に残していく寺が気になった。

高齢化が進む中、自分が寺を継ぐ時に檀家はどれほど残ってくれているのか、寺をどのように成り立たせればいいのか。「東京に行く前に、この寺で自分に何ができるか、可能性を確かめたい」と考え、思いついたのがミュージカル映画だ。

しかし最大の壁は「保守的で、堅実」な父住職だった。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み