無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


南極の厚さ900mの氷の下に生物…掘削調査で偶然に発見

南極の氷の下の生物を発見した映像より。この生き物は海綿動物のように見える。

南極の氷の下の生物を発見した映像より。この生物は海綿動物のように見える。

Dr Huw Griffiths/British Antarctic Survey/Insider

  • 南極の厚さ900メートルの氷の下で、偶然、生物が発見された。
  • 生命が存在できないと考えられていた場所で、2種類の未確認生物が見つかった。
  • 次の課題は、この生物を確認するために接近する方法を見つけることだ。

南極の厚さ900メートルの氷の下で生物が発見された。これまで、そこには生命は存在できないと考えられてきた。

科学者はこれまで、非常に低い温度と、光や食糧が不足していることから、生物が存在することは不可能だと考えてきたのだ。

その生物は、南極のフィルヒナー・ロンネ棚氷の下で氷に付着していた。イギリス南極観測隊(British Antarctic Survey:BAS)の専門家が、氷を約870メートルの深さまで削ったときに発見した。

「氷棚の下は、おそらく地球上でほとんど知られていない生息環境のひとつだ」と、この生物を発見した科学者の1人、ヒュー・グリフィス(Huw Griffiths)は、ツイッターの動画で語った。

「海綿動物のような生物が見つかるとは思っていなかった」

極端な環境に住む生命を偶然に発見! 南極 #Antarctic の棚氷のはるか下には、予想以上に生命が存在する。

BASの海洋生物学者、ヒュー・グリフィス博士の説明。

フィルヒナー・ロンネ棚氷は、南極大陸から伸びる、海に浮かんだ巨大な氷床だ。150万平方キロメール以上の広さがあるが、これまで氷の下の調査はほとんど行われてこなかった。

巨大な氷山が棚氷が割れて流出することがある。2020年12月には、そのような巨大な氷山の1つがアザラシやペンギンの繁殖地に接近する危機があった。

南極の氷の下で生命を発見、フィルヒナー・ロンネ棚氷

フィルヒナー・ロンネ棚氷(衛星写真)。

Google Maps/Insider

南極の氷の下で生命を発見、フィルヒナー・ロンネ棚氷

フィルヒナー・ロンネ棚氷は、南極で2番目に大きい棚氷だ。

British Antarctic Survey/Twitter

科学者たちは、生物を探すためにここに来たのではなかったと話している。

彼らは海底からサンプルを採取するため、氷に穴を開けた。が、そうではなく、カメラは氷の塊にぶつかった。映像を確認すると、今回の発見が明らかになった。

南極 #Antarcticaのフィルヒナー・ロンネ棚氷を900m掘削した後に生命を発見した。

「そこに生物がいるとは考えていないので、百万年経っても生物を探そうとはしなかっただろう」と、 グリフィスはガーディアンに語った

BASの映像には、2種の未確認生物が映っている。赤く印をつけた生物は長い脚を持ち、白い印の生物は丸い形をした海綿動物のようだ。

南極の氷の下で生命を発見

南極の氷の下の生物を捉えた映像に説明を加えた画像。

British Antarctic Survey/Twitter

これらの生物は、外洋から250キロメートル離れた地点で発見された。

「我々の発見は、『どのようにしてそこに辿り着いたか?』『何を食べているか?』『どのくらいの期間そこにいるのか?』など、答え以上に多くの疑問をもたらす」と、 グリフィスはプレスリリースで述べた。

彼は、次のステップはこれらの生物が本当に未知の生物なのかを確認することだと述べている。

「その疑問に答えるためには、我々はこれらの生物とその生息環境に近づく方法を見つけなければならない」

以前、Insiderで紹介したとおり、南極の研究基地での生活は容易ではない。

そこは遠く離れているので、この大陸で最初にCOVID-19の症例が報告されたのは、2020年12月になってからだった。

[原文:Scientists accidentally found life under 3,000 feet of ice in Antarctica. 'Never in a million years' would they have expected it, the lead scientist said.

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

若者

Z世代就活生「オンライン情報戦」の現実…社風知るのはチャット欄、相互フォローから業界分析

  • 牧島 夢加 [株式会社博報堂ミライの事業室(ビジネスデザイナー)]
  • Oct. 21, 2021, 07:15 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み