「世界で最も環境に優しい車載電池メーカー」ノースボルト。CEOが元上司イーロン・マスクから学んだこと

prime_northvolt_battery

スウェーデン発の車載電池スタートアップ、ノースボルト(Northvolt)は、電気自動車(EV)シフトを背景に、世界最高のクリーンバッテリー開発メーカーとして大きな注目を集めている。

Northvolt

  • ノースボルト(Northvolt)のピーター・カールソン最高経営責任者(CEO)はかつて、テスラでサプライチェーン担当のバイスプレジデントを務めていた。
  • 自動車産業の将来を見通す(テスラの)イーロン・マスクCEOの考えについていくのは相当に大変なことだった。
  • カールソンCEOは自ら立ち上げた電池スタートアップ、ノースボルトでテスラの企業カルチャーを再構築しようと考えている。

欧州発、いま世界で最も注目される電池開発スタートアップ、ノースボルトを率いるピーター・カールソンが、テスラの「イーロン・マスクが仕込んだ恐ろしいほど有能な連中ばかり集まるチーム」にジョインしたのは2011年の夏。

それから10年以上、彼はオペレーションとサプライチェーンの専門家として経験と実績を積み重ねた。

カールソンはスウェーデンの通信機器大手エリクソンでキャリアをスタートさせた。1995年にはソーシングマネージャー(=調達・購買を担当)、2001年には同部門のトップに就任。携帯電話サプライチェーンの成長・拡大に貢献した。

13年間をエリクソンで過ごしたあと、カールソンはオランダの半導体大手NXPセミコンダクターズに転じ、オペレーションとサプライチェーンの改革を指揮している。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み