必要なのは「自分探し」より「キャリア戦略」。社会の中に自分の居場所を見つける「3S分析」とは?

必要なのは「自分探し」ではなく「キャリア戦略」

「あなたらしさとは何ですか?」——これは企業のキャリア研修で実によく投げかけられる問いです。それに続くワークでも、多くのケースではアイデンティティに関する内容に多くの時間が充てられる。このように、これまでのキャリア論はどこか自分探し的なニュアンスが強く、私はそこに問題意識を持ってきました。

というのも、ビジネスパーソンにとってのキャリア論とは、ビジネスシーンでの一挙手一投足のヒントになるような、身近で具体的で実践的、かつ戦略的なものであるべきだと考えるからです。研修の中でしか使えないようなキャリア論では困るのです。

私が本連載やその底本となる拙著『プロティアン』で試みているのはまさに、こうした問題意識に応えることです。

プロティアンという最新のキャリア理論に、キャリア資本論を接合させる。そこでは、貸借対照表(バランスシート)のフォーマットを用いて、「ビジネス資本」「社会関係資本」「経済資本」の3つの資本の蓄積と転換から形成される「キャリア資本」に焦点を当てる。こうすることで、キャリアを戦略的かつ計画的に考えることができるようになるのです。

キャリア戦略に役立つフレームワーク「3S分析」

そこで今回はさらに一歩進めて、キャリアを戦略的に考える知見を磨きましょう。ここでもビジネスの現場で使われるフレームワークを応用してみたいと思います。

企業戦略を考える際の環境分析フレームワークとして「3C分析」と呼ばれるものがあります。3Cとは、顧客(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor)の頭文字。この3つのドメインから現状の課題や成功要因を導き出すことで、中長期にわたる有効な計画を戦略に立てられるというものです。

ビジネスシーンで用いられているこのフレームワーク、実は個人のキャリア形成のヒントにすることもできます。キャリア戦略を考える際の分析フレームワークとして私が提唱したいのが、「3S分析」です。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み