無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アマゾン、オートロックを“スルー”できる置き配「Key for Business」を国内開始…物流パンクの低減なるか?

Amazonの配達員

マンションでは、不在時の荷物受け取りは宅配ロッカーを使うなどの方法でしかできなかった。「置き配」の促進は、コロナ下で激増した物流のパンク状態の軽減にも役立つ。

提供:アマゾン

アマゾンは、マンションのオートロックと連携する、マンション向けの新しい「置き配」サービスを2月25日から開始する。

「Key for Business」はマンションなど集合住宅のエントランス(集合玄関)のオートロックを、アマゾンの配達ドライバーが専用端末で解錠し、玄関先への置き配をできるようにするサービスだ。

アマゾンによると、システムは既存のオートロックに「後付け」できる仕組み。

大東建託、綜合警備保障(ALSOK)と提携し、サービス開始時に200棟のマンションへの導入を予定。その後も全国展開を目指す。

いったいどんなシステムで、安全な入館管理と置き配を実現するのか?

大東建託、ALSOKと提携、まず200棟の導入予定

Key for Businessを配電室に追加した様子。

Key for Businessを配電室に追加した様子。ほとんど場所をとらず、工事は容易にできそうだ。

提供:アマゾン

Key for Businessは、既存のオートロック設備に小型のモデムのような無線端末をセットすることで導入できる。

ここで気になるのが、アマゾンの配達ドライバーとはいえ、「自由にマンションに出入りできてセキュリティーは問題ないのか」という疑問だ。

Key for Businessで使う、オートロックに接続する機器。

Key for Businessで使う、オートロックに接続する機器。非常にシンプルだ。

提供:アマゾン

アマゾンの担当者によると、Key for Businessでは、そのマンションへの宅配荷物がある場合のみ、配達ドライバーが一時的に「オートロック解錠」できる。玄関への置き配が完了すると、アマゾンの宅配ステータスのシステムと連動し、自動的に「オートロックロック解錠」の期限が切れて、入館できなくなる仕組みになっている。

パートナー企業が大東建託、ALSOKであることからわかるとおり、当初は賃貸マンション向けのサービスとして展開する。ただし、アマゾン担当者は、将来的には分譲マンションなどへの導入も検討したいと説明している。

Key for Businessが対応できるマンションは、「集合玄関」にオートロックがあるタイプを想定しており、エレベーターに専用カードキーが必要なケースでは利用できないという。また、クロネコヤマト(ヤマト運輸)など物流パートナーによる宅配では使えず、「発送業者:Amazon」と表示されるアマゾン独自の物流を使う場合のみ利用できる。

なお、ヤマト運輸は2月24日付けで、同様にオートロックマンションへの置き配を実現する「EAZY」実用実験の開始を発表している。アマゾンとの連携は未知数だが、再配達を減らし物流効率をあげる取り組みがマンション向けにも広がり出したことは、2021年のトレンドと言えそうだ。

(文・伊藤有

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み