無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


全米最強の捜査機関FBIの求人情報を徹底分析。特務工作員、セキュリティ専門官から人事担当まで

prime_FBI_career_top

2019年11月、ニューヨーク市内を歩く米連邦捜査局(FBI)のメンバーたち。

REUTERS/Brendan McDermid

特務工作員(スペシャルエージェント)からコンピューターサイエンティスト、アドミンアシスタント(秘書業務)まで、米連邦捜査局(FBI)の仕事は謎に包まれている。

Insiderはいま出ているFBIの人材募集について徹底調査を行い、求人情報の詳細、必須要件、給与待遇などを明らかにした。

調査の結果わかったのは、アドミンアシスタントや人事部、コンピューターサイエンティストなど一部のポジションはその名の通り、トップシークレットを扱う政府機関での仕事というだけで、特殊な業務ではないということ。

一方、特務工作員やカウンターテロリズムアナリストのようなポジションは、映画にもそのまま出てきそうな記述が目立った。

特務工作員(スペシャルエージェント)

FBI 対テロ 人質救出 HRT

FBIの対テロ特殊部隊・人質救出チーム(HRT)。米バージニア州クワンティコでの訓練後。

FBI

映画にもよく出てくる最も有名なポジション。同じ特務工作員でも、さまざまなポジションと専門分野がある。ただし、特務工作員になるためには、身体能力テスト、数度にわたる筆記試験、徹底した身元調査などきわめて厳しい選考プロセスをクリアする必要がある。

また、そうした能力テストや筆記試験のほかに、アメリカの市民権を持つ23歳から36歳の学士号取得者で、該当する専門分野について2年以上の経験が必要とされる。

給与は、他のアメリカ連邦公務員と同様、あらかじめ法律で定められた規定に従って支払われる。訓練期間中も、グレードとステップに応じた給与が支給され、その金額は最新の同表によれば年額5万ドル強(約525万円)程度。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み