中国、ウイグル族の人々を新疆ウイグル自治区から引き離すため、遠方への"転職"を強制か

デモ

トルコ、イスタンブール。

Murad Sezer/Reuters

  • 中国は、"転職"を使ってウイグル族の人々を新疆ウイグル自治区から強制的に引き離していると、BBCなどが入手した報告書は示している。
  • 中国の政府高官の間で回覧されたこの報告書は、転職が「少数民族のウイグル族を混合、同化させる」としている。
  • 中国政府はウイグル族を"テロのリスク"と見なしていて、その文化を消し去ろうと取り組んでいる。

中国の政府高官の間で回覧された報告書は、中国政府がウイグル族の人々のアイデンティティーを奪うために、彼らに地元から数千キロ離れた場所の仕事をオファーし、それを受けるよう圧力をかけていることを示唆している。

2016年以降、中国はウイグル族の人々約100万人を新疆ウイグル自治区内にある数百の強制収容施設に収容している。中国はウイグル族を"テロの脅威"だと主張し、ウイグル族の人々を洗脳したり、出生率を大幅に下げようとしていると非難されている。アメリカカナダは中国政府が「ジェノサイド(大量虐殺)」を行っていると糾弾している。

具体的には、強制的な中絶や避妊レイプ恣意的な逮捕強制労働、執拗な監視といった弾圧が行われているという。

しかし、中国の政府高官の間で回覧された、南開大学による2018年5月の報告書によると、中国政府はどうやら転職スキームの一環として、ウイグル族の人々を地元から遠く離れた場所へ送り込むことで、積極的に彼らを地元から引き離し、中国文化に同化するよう強制しているようだ。

この報告書はBBCと新疆ウイグル自治区における中国の行動に詳しい研究者エイドリアン・ゼンツ(Adrian Zenz)博士入手した

ゼンツ博士の分析によると、新疆ウイグル自治区のホータン地区で実施された調査に基づくこの報告書は、2019年12月にインターネットで公開されたが、2020年半ばに削除された。BBCは、報告書が誤ってネット上に公開されたと伝えている。

習近平

中国の習近平国家主席。

Noel Celis/Getty Images

報告書は"転職"を「少数民族のウイグル族を感化、混合、同化させるのに重要な方法」と呼び、「彼らの考え方を変える」ことができるとしている。

中国はしばしば、新疆ウイグル自治区における自らの行動 —— 強制収容施設への収容を含め —— を彼らの"過激思想"を浄化する方法だと説明している。収容施設を訪れたある男性は、施設に収容された人々が食料を手に入れるために、プロパガンダの歌を歌わされているのを見たと、2018年にBBCに語った。

今回、BBCなどが入手した報告書には「環境の変化と労働を通じて、徐々に彼らの思想や意見、その価値観や人生観を変えさせればいい」とある。

ゼンツ博士は、転職が「『結束の強い社会をこじ開け』宗教の負の影響を軽減するための極めて重要な手段」だと中国の学者たちは主張していると書いた。

職業訓練センター

新疆ウイグル自治区アルトゥシュにある、いわゆる"職業訓練センター"の中で列に並ぶ住民たち。

AP/Ng Han Guan

博士によると、彼らは「現体制への潜在的脅威」となる「著しく度を超えた」数のウイグル族余剰労働者がいると報告しているという。

「労働者の移転の主要目的は経済ではなく、政治と人口動態だ」と指摘するゼンツ博士は、こうした労働者の移転が「文化的、人口統計学的ジェノサイドという国のキャンペーンにとって不可欠なもの」になっていると考えている。

博士は「政府文書は労働者の移転を『国民の質を上げる』政策の一環だと述べていて、これは優生学に紐づいた家族計画政策によく見られる概念だ」とも書いている。

中国政府はBBCに対し、ゼンツ博士の報告は「筆者の個人的な見方のみを反映したものであり、その内容の多くは事実と異なる」とコメントした。

アメリカのホロコースト記念博物館のシニア・アドバイザーだったエリン・ファレル・ローゼンバーグ(Erin Farrell Rosenberg)氏は、今回の報告は"転職"スキームが人道に対する罪を構成すると「結論付けるのに信頼できる根拠」があることを示していると語ったと、ゼンツ博士は述べている。

[原文:Leaked Chinese report suggests it is forcing Uighurs to take jobs thousands of miles away to change the demographics of their homeland

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

BI PRIME

中国進出25年で初の営業黒字、ローソンがファミマを抜いた「てこ入れ」策

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Apr. 13, 2021, 06:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み