無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アストンマーティン、60数年振りのフォーミュラカーを披露…3月28日、F1バーレーンGPでデビュー

AMR21

アストンマーティンの新マシン「AMR21」が、F1グランプリの開幕戦、バーレーンGPに登場する。

Aston Martin

  • アストンマーティンが、F1世界選手権に投入する新マシンを発表した。
  • 新しいマシン「AMR21」のドライバーは、ドイツのセバスチャン・ベッテルとカナダのランス・ストロールだ。
  • アストンマーティンが最後にF1に参戦したのは1960年代で、マシンはDBR5だった。

イギリスの高級自動車メーカー、アストンマーティン(Aston Martin)が3月3日、世界で最も人気のあるモータースポーツに参戦するため、60数年振りにフォーミュラ・カーを発表した。

アストンマーティンはロンドンからのバーチャル・イベント中継で、新たなマシン「AMR21」を披露した。ジェームズ・ボンド(James Bond)のイギリス人俳優、ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)や、NFLのスター、トム・ブレイディ(Tom Brady)といったセレブがこの発表会に参加した。

AMR21は、3月28日にバーレーンで開幕戦が行われるF1世界選手権で、フェラーリ(Ferrari)、メルセデス(Mercedes)、マクラーレン(McLaren)らを相手に戦うことになる。

「今日はアストンマーティンにとって実に歴史的な瞬間だ。我々はモータースポーツの頂点に、60数年振りに戻るのだから」と同社CEO、トビアス・ムアース(Tobias Moers)は声明で述べた。

アストンマーティンの新しいマシンを見てみよう。


アストンマーティンの「AMR21」は、3月28日のF1バーレーン・グランプリでデビューする予定だ

AMR21

チーム名はアストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワンチームだ。

Aston Martin

3月12日から14日にバーレーンで行われるプレシーズンテストを前に、4日にイギリスのシルバーストーンで初走行を行った。


アストン・マーティンが最後にF1に参戦したのは1960年で、マシンはDBR5だった

DBR5

アストンマーティンDBR5を駆るロイ・サルバドーリ。1960年7月16日、シルバーストーン・サーキットで行われたF1イギリスGPで。

Bernard Cahier/Getty Images

アストンマーティンの最後のGPマシンはDBR5で、60年以上も前のことだ。1960年のイギリスGPでイタリア系イギリス人のロイ・サルバドーリ(Roy Salvadori)とフランス人のモーリス・トランティニアン(Maurice Trintignant)がドライブした。


今シーズンは、過去4度のワールド・チャンピオンに輝いた、セバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)がドライバーだ

セバスチャン・ベッテル

セバスチャン・ベッテル

Aston Martin

「F1では4チームで長い期間レースをしてきたが、それでも新たなシーズンを新たなチームで迎えられることにとてもワクワクしている」とベッテルはCNBCで声明を述べた。

「これまでF1を見てきた中でも、多くない予算の中でこのチームが行ってきたことに感銘を受けている」


もう1人のドライバーは、カナダのランス・ストロール(Lance Stroll)だ。億万長者の実業家でアストンマーティンのエグゼクティブ・チェアマン、ローレンス・ストロール(Lawrence Stroll)の息子だ

ランス・ストロール

ランス・ストロール

Aston Martin

「最前列で戦えるポテンシャルはある。レッド・ブル(Red Bull)にすら対抗できるのではないか。もう少し上にいるメルセデスはかなり厳しいだろうから、昨年競っていたチームとの差を広げられればと思っている」とBBCのインタビューでストロールは述べた。


AMR21はアストンマーティンの伝統的なカラーリングだ

 AMR21

アストンマーティン AMR21

Aston Martin

アストンマーティンによると、搭載するパワーユニットは、ターボチャージャー、ハイブリッド・エネルギー回収システム付のメルセデスAMG「M12 E Performance」。


アメリカのIT大手、コグニザント(Cognizant)がメインスポンサーとなる

 AMR21

アストンマーティン AMR21

Aston Martin

他のスポンサーは、ビールメーカーのペローニ(Peroni)、暗号通貨関連企業のCrypto.com、サイバーセキュリティ企業のセンチネルワン(SentinelOne)など。


このチームは、昨年までローレンス・ストロールが率いていた「レーシング・ポイントF1」を改名したものだ

 AMR21

アストンマーティン AMR21

Aston Martin

ローレンス・ストロールは、アストン・マーティンが財政難に陥っていた2020年1月、2億4000万ドル(約260億1700万円)以上を投じて、同社株の16.7%を取得し、4月にはエグゼクティブ・チェアマンに就任した。

「まずは今後5年間の事業計画を見通すための資金調達が必要」と彼はCNBCに語った

「我々8億ドル(約870億円)の資金を調達したが、その大部分は私と私のコンソーシアムによるものだ。これは今後4年間で、車1万台を販売し、20億ドル(約2200億円)の収益、5億ドル(約542億円)のEBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前・その他償却前利益)をもたらす事業計画のためのものだった」

[原文:Luxury carmaker Aston Martin unveiled its first new Formula 1 car in more than 60 years with the help of Tom Brady and Daniel Craig. Take a look at the AMR21.

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み