無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「2050年、アジア人口3分の2に沿岸洪水リスク」プリンストン大調査。地球温暖化で移住を迫られる国は?

地球温暖化は全世界に影響を及ぼすが、一部の国、特にインドは他国に比べ失うものが多い。対照的に、アラスカ、カナダ北部、シベリアなどは、氷冠が溶けて海面が上昇することで、少なくとも経済的観点で見ると得をする。

プリンストン大学研究者らのワーキングペーパーによると、熱帯の一部では、今世紀末までに最大15%の厚生損失(ここでは、地球温暖化と気候変動による経済福祉・社会福祉の減少を意味する)があるという。一方で、寒帯の一部は恩恵を受ける側になるかもしれない。

気候変動の影響は、国によって異なるだけでなく、一国内でも大きく偏る。インド準備銀行(RBI)が2020年4月に公表した報告書によると、パンジャブ州やビハール州などの農業地域は、他の地域よりも地球温暖化の影響を強く受けるという。

本稿では、世界のどの地域が地球温暖化で得をし、どの地域が損失を被りそうかを見ていこう。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み