“炎上“で見えた課題、VTuberは「社会の公器」となり得るか。信じるのは「ホロライブ」の力【カバー 社長・谷郷元昭4】

谷郷元昭

2020年は「ホロライブ」にとって成長と同時に、試練が続いた年だった。

一つは権利関係による問題だ。所属するVTuberによるゲーム実況配信で、権利者に配信許諾を得ていなかった事例が発覚した。

海外にも事業が広がったことで、新たな火種も生まれた。所属するVTuberが「YouTube」の配信で紹介した国別のデータに「台湾」の項目があり、これが中国国内で批判され、“炎上”した。

故意によるものではなかったが、中国にも多くのファンを持つことから反発を受けた。

当該VTuberは謹慎処分となったが、日本国内では一部ファンから謹慎処分に反対する声もあがり、”炎上”が逆輸入されるかたちに。bilibiliで配信していた「ホロライブ中国」のVTuberは「卒業」に至った。

国境を超えてファンが広がることは、意図せず国際問題や政治問題に抵触することも起こりうる。そうしたリスクが現実となった。

もはやVTuberの影響力は、いちタレントを超えた影響力を持つまでになっている。谷郷はいま、「カバーという会社が、そしてVTuberが、いかに社会の公器となり得るか」という問いと向き合っている。

それでも所属VTuberを縛りたくない

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み