無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


震災から10年の気仙沼の街、写真でたどる「変わるもの」と「変わらないもの」【3.11】

あの日から10年、気仙沼の街を歩いた。

あの日から10年、気仙沼の町を歩いた。

撮影:吉川慧

2021年3月11日、東日本大震災の発生から10年を迎えた——。風光明媚なリアス式海岸と国内有数の漁港を誇る宮城県気仙沼市では、震度5強〜6弱の揺れの後に大津波が押し寄せた。沿岸部では石油コンビナートが倒壊。重油やヘドロ、砂、泥が混ざった黒い津波は市街地を飲み込み、その後の火災につながった。

この10年で気仙沼の街は変わった。三陸沿岸道路(三陸道)の一部として湾を横断する大きな橋がかかり、中心部には新しい商業施設もオープン。沿岸部では「かさ上げ」などの大規模な復興工事が終わりつつある。一方で、被災当時を色濃く残す場所もある。

あの日から10年、気仙沼の街を歩いた。

※本記事では東日本大震災に関する写真が含まれます。ご覧になった際に精神的なストレスを感じる可能性があります。閲覧にご注意ください。


宮城県北東部にある気仙沼市。太平洋に面する沿岸部では起伏に富んだ美しいリアス式海岸が見られる。

anbasan_IMG_5734-1

撮影:吉川慧

太平洋から入り込む気仙沼湾。入り江は深い。写真右手に見えるアーチ型の橋は東北最大の島の大島(気仙沼大島)だ。

oshima_IMG_5687-1

撮影:吉川慧

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み