無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


伝説の家政婦・タサン志麻さん、フランス家庭に学んだ「家が一番素直になれる場所」であるために

自分の好きな道を選び、チャレンジし続けている人たちは、どんなパートナーを選んでいるのでしょうか。

パートナーとしての決め手や、リスクをとる決断や心が折れそうなピンチを乗り越える時、どんな言葉が支えになったのかなど、妻と夫にあえて同じ10の質問をすることで掘り下げます。

第3回は、「伝説の家政婦」として知られるタサン志麻さんと、フランス出身の夫、タサン・ロマンさんご夫妻。国際結婚した2人は、お互いの存在をどう受け止めているのでしょうか?

タサン志麻・ロマンさん夫婦

—— 出会いのきっかけと結婚の経緯は?

初めて出会ったのは、2014年です。私がフレンチレストランを辞めて、飲食店でアルバイトを始めた3カ月後に、ロマンも新人アルバイトとして入ってきたんです。私はロマンに調理を教える係。フランス人は結構ラフな人が多いのに、ロマンは教えたことをきっちりと身につけようとする真面目な青年だな、というのがはじめの印象でした。

家の方向が一緒だったので、仕事を終えて一緒に帰ることが多かったのですが、当時の私は35歳で彼は20歳。まさか恋愛対象にはならないと思っていたのに、ロマンから熱烈アピールが来てびっくり。

そもそも私は20代の修行時代から「女性が料理の世界で本気でやっていくなら、結婚はできないかもな」と諦めていたくらいで……。年齢的にも、付き合うとしたら結婚前提になることを伝えたら、「僕は真剣。結婚ももちろん考えたい」と。「でもまだハタチでしょう? 本当に私でいいか考えて」「だったら、(僕が)2カ月後にも気が変わっていなかったら付き合って」という約束が交わされました。

2カ月後、「やっぱり気持ちは変わらない」と彼が言って、お付き合いが始まりました。その1年後に結婚しました。

私にとって思いがけないことでしたが、18歳で留学してフランスの文化に触れたときから、「付き合うならフランス人男性がいいな」とは思っていたんです。女性に対して優しく、オープンに会話を楽しんで、ちゃんと愛情表現をしてくれるところがいいなって。彼と結婚して、妊娠が分かった頃から、家政婦の仕事を始めました。

——なぜ「この人」と結婚しようと思ったのですか?

ロマンは大学を出ているわけでもなく、突出した特技があるわけでもない、いわゆるフツーのフランス人男性だと思います。でも、とってもピュアな心の持ち主で、私に対してすべてをさらけ出して向き合ってくれるという信頼を感じたんです。

そう感じられたのは、結婚前に一度だけ大喧嘩をした時、彼がこれまで経験した失敗や背負ってきた傷も含めて、全部私に話してくれたから。「私も彼の前では飾らなくていいんだ」と思えたから、彼との人生を一緒に歩もうと決めました。

結婚してから、彼のいい面をたくさん知って、愛情はより深まりました。でも、結婚して気づいた面もたくさんあって。とにかく彼は「雑」なんです(笑)。洗濯しようとすると、彼のズボンのポケットからはクチャクチャになったレシートと小銭がいつも出てくる。

DIYが得意なのはとてもありがたくて(私たちは、下町の築60年のボロボロだった一軒家を借りて、ちょっとずつ改修しながら暮らしています)、彼が床板を貼ったり、猫が寝るベッド代わりの棚を取り付けたりしてくれるのですが、やっぱり隙間だらけで雑なんです(笑)。

子どもには学歴より人としてのベーシックな力を

タサン志麻さん_経歴

—— 日頃の家事や育児の分担ルールは?

小さい頃から自立心を育てるフランス文化で育ったロマンは、他のフランス人男性と同じく、ひととおりの家事はできます。だから、どの家事をどっちがやるという分担ルールは決まっていなくて、お互いの忙しさのバランスを見ながら、「できるほうがやる」というスタンスです。

料理はほぼ私が担当だけど、ロマンも作ってくれますよ。でも、おいしくないんです(笑)。「もっとこうしたらいいよ」とアドバイスもしますが、私にとっても勉強になるんです。「え? こんな切り方するんだ?」とか「何で味付けしたらこうなるの?」という新鮮な発見があって。洗濯物の畳み方もやっぱり雑で、私の服を入れている引き出しに彼の服が入っていることもざら。

イラッとする度にすぐに口に出して、その場で発散。機嫌がいい時は冗談まじりに、不機嫌な時はトゲトゲしく、その時の気分で感じたままに表現します。小出しに発散していたら、深刻にもなりません。

そして、注意した後の彼の行動が変わらなくても気にしません。「どうせ言っても直らないから」と、何も言わなくなるのはきっとよくなくて、「違う人間同士なんだから、仕方がないな」と割り切っちゃう。私だってずっと直らない癖はあると思うし、彼のいい面もたくさん知っているので。

ロマンも私がプリプリ怒っていてもまったく気にする様子はなく、上手に受け流していますね。言い返してくることもないけれど、「ごめん」という反省もない(笑)。だから、また同じことを繰り返して、私が「またやってる!」と怒る。それがわが家の日常風景です。

—— 子育てで大事にしている方針は?

素直な自分の気持ちを口に出して、周りの人と関係をつくっていける子に育てたいと思っています。3歳の長男と1歳の次男は、イヤイヤ期の前後で、食べ物の好き嫌いもあるんですね。食卓は大人も子どもも同じものを取り分けて食べているのですが、子どもたちが「これ、嫌い」と食べなかったときには、「どうして嫌いなの?」と質問するようにしています。嫌いな理由がわかると私が対処できるという理由もありますが、子どもたちの気持ちに耳を傾ける環境をつくることが大事だと思っていて。

私自身は自分の殻に閉じこもりがちで、言いたいことをなんでも話せる性格ではなかったんですね。留学を機にフランス家庭の「なんでも言い合う関係性」に触れて、すごくいいなぁと憧れていて。子どもにとっても大人にとっても、家庭が「一番素直に気持ちを表現できる場所」であるように、毎日のコミュニケーションから心がけていきたいと思っているんです。

子どもたちもすっかりおしゃべりに育っていて、とにかく賑やか。夕方にロマンが保育園に迎えに行って家に戻ってくるときなんて、かなり遠くから3人の笑い声が聞こえてきます(笑)。あともう一つ、夫婦が言葉や触れ合って毎日愛情表現をする姿は、子どもたちの前でも積極的に見せるようにしています。

彼らが大人になってからどんな世界で生きていくかは分からないけれど、「自分の気持ちを伝える力」「大切な人と愛情を交換する力」はきっとどこでも必要になるはず。学歴よりも、人としてのベーシックな力を備えてあげたいと思っています。

家事育児すべて引き受け応援してくれた

タサン志麻・ロマンさん夫婦

—— お互いの自己実現を支援するために、大切にしてきたことは?

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

Z世代

Z世代に広がる「サステナブル疲れ」……就活にもSDGs講座、友人同士でマウンティング

  • 牧島 夢加 [SEEDATA Futurist(フューチャリスト)/ Zs代表]
  • Aug. 05, 2021, 07:10 AM
  • 5,415

tmb_issue.001

VISAも提携に乗り出す仮想通貨。その「信用」はどう成り立っているのか?【音声付・入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Aug. 05, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み