みずほのシステム障害、“MINORI”含め第三者委員会が検証へ。坂井FG社長「技術的知見を持つ専門家」を選ぶ考え

会見する「みずほフィナンシャルグループ(FG)」の坂井辰史社長(2021年3月17日)

会見する「みずほフィナンシャルグループ(FG)」の坂井辰史社長(2021年3月17日)。

撮影:吉川慧

みずほ銀行で相次いだシステム障害を受けて、持ち株会社「みずほフィナンシャルグループ(FG)」の坂井辰史社長が3月17日午後、都内で記者会見した。「たび重なるシステム障害で大変なご迷惑、ご心配をおかけした。心よりお詫びを申し上げたい」と謝罪した。

2月末からの約2週間で相次いだ4度のトラブルについて、「共通する直接的な因果関係は判明していない」としつつ、「短期間でたび重なるトラブルは、単に個別の要因が重なったでは済まされない重大なこと」と説明した。

「みずほ銀行を含めフィナンシャルグループのそれぞれのお客様、社会に信用・信頼を損なう事態をきたしている。このような事態を深く受け止めてあらためてお詫び申し上げる」(坂井社長)

坂井社長は「短期間の間に4度も事象が発生した事実を踏まえれば、客観的で専門性のある外部の目線が不可欠」として、外部からの識者・専門家などを交えた第三者委員会の「特別調査委員会」を立ち上げると発表。岩村修二弁護士を委員長とし、最低3名以上で構成するという。

坂井社長はBusiness Insider Japanの質問に対し、MINORIと周辺システムの検証やハード運用面を検証するため「技術的な知見を持つ専門家」を調査委員に選定する考えを述べた。

加えて、社外取締役のみで構成されるシステム障害対応検証委員会も設置する。

撮影:吉川慧

mizuho3

撮影:吉川慧

みずほ銀行をめぐっては、2月末にATMの8割が使えなくなる全国的な大規模障害を皮切りに、2週間で4回ものシステム障害が発生。日本経済新聞によると、事態を重くみた金融庁は3月中に立ち入り検査を実施する方針を固めたという。

報告と検査の内容次第では、業務改善命令や業務停止命令などの行政処分が下される可能性もある。金融庁はすでに銀行法に基づき、みずほ銀行に報告徴求命令を出している。

これまでシステム障害の経緯は、みずほ銀行の藤原弘治頭取が会見で説明してきた。ただ、親会社である「みずほFG」のガバナンスも問われていることから、今回は坂井社長が再発防止策などについて説明する機会を設けた。

みずほ銀行は2002年と11年にも大規模なシステム障害を起こし、金融庁から業務改善命令を受けている。

4つのトラブル「単に個別の要因が重なったでは済まされない」

撮影:吉川慧

みずほ銀行は10年近くを費やし、2019年7月に基幹システムを刷新。新たな勘定系システム「MINORI」に移行した。ただ、直近で相次いだトラブルで「MINORI」の信頼性を懸念する声もある。

坂井社長はこの日の会見で、直近4つのトラブルについて「共通する直接的な因果関係は判明していない」としつつ、「短期間でたび重なるトラブルは単に個別の要因が重なったでは済まされない重大なこと」と述べた。

4つの間に因果関係が判明しないとご説明いたしましても、これだけの間にこれだけの事態を起こした。世の中のお散り引きをいただいている多くのお客様、世間の皆様に“みずほは大丈夫なのか”と信頼が著しく損なわれているのが現状」(坂井社長)

MINORIについても「全てのトラブルに通底しうる背景として、BK(みずほ銀行)のMINIORIの稼働から2年、新しいシステムへの過信や安定稼働による気の緩みがなかったか」とし、MINORIとそれ以外の周辺システムについても検証する必要性を認めた。

人的リソースも含めてシステム面、ハード運用面、みずほ特有の組織的な問題の有無も含めて横断的に検証すると述べた。

記者会見するみずほ銀行の藤原頭取。(東京都内、2021年3月12日)

記者会見するみずほ銀行の藤原頭取。(東京都内、2021年3月12日)

撮影:吉川慧

これに対し、みずほ銀行の藤原頭取は3月12日の会見で、相次ぐシステム障害について「このような事態が続いていることを大変重く受け止めている」としつつ、「MINORI」投入前のシステムであれば、他の問題に波及した可能性が高いとの見解を示している。

直近4件のシステム障害については「現時点では4回のトラブルに因果関係は見いだせていない」と述べつつ、「ハード面やシステム運用面も、抜本的に点検する必要があると痛感している」とも語っていた。

2月末の大規模障害を受けた3月1日の会見でも、藤原頭取は「データ移行時の想定の甘さに起因するもの。ハード面のみならずシステムの運用面におけるみずほ固有の要因がないかについて、もう一度点検をする必要があると痛感している」と述べている。

みずほ銀行、新頭取人事を取消 藤原氏が続投へ

FGはみずほ銀行の新頭取人事を取り消した。

FGはみずほ銀行の新頭取人事を取り消した。

撮影:吉川慧

みずほ銀行の藤原頭取は4月1日付でFG副会長執行役員・みずほ銀行会長に就く予定だったが、みずほFGは3月17日に人事の取り消しを発表。

藤原氏はシステム障害対処のため、銀行頭取を続投することになった。

※随時内容を更新します。

(文・吉川慧

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み