無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


恒星間天体「オウムアムア」は太陽系外惑星のかけら…彗星でも小惑星でも、エイリアンの乗り物でもない

2017年10月に太陽系を通過した恒星間天体「オウムアムア」の想像図。

2017年10月に太陽系を通過した恒星間天体「オウムアムア」の想像図。

M. Kornmesser/European Southern Obervatory via Reuters

  • 2017年に「オウムアムア」という巨大な恒星間天体が太陽系を通過した
  • この天体は科学者たちを困惑させた。ある人は彗星だと考え、ある人はエイリアンの宇宙船だと指摘した。
  • 新たな研究によると、オウムアムアは他の太陽系に属する冥王星のような惑星のかけらだという。

2017年に巨大な宇宙の物体が地球のそばを通過した。その起源や正体は依然として謎のままだ。

ハワイ語で「偵察者」や「使者」を意味する「オウムアムア(Oumuamua)」と名付けられたその物体は、他の恒星系から飛来したことを強く示唆する軌道を描き、初めて発見された恒星間天体となった。

しかし、その正体は何なのか。ハーバード大学の天文学者アヴィ・ローブ(Avi Loeb)などの研究者たちは、この物体をエイリアンの宇宙船だと主張した。また、小惑星あるいは恒星間の彗星ではないかと考える研究者もいる。

しかし、アメリカ地球物理学連合(AGU)の学術誌に掲載された2つの論文は、別の説を唱えている。それによると「オウムアムア」は別の太陽系に属する小さな惑星のかけらが飛来したものだという。

「我々は『オウムアムア』とは何かという謎を解明したと思う。『外部の冥王星』、つまり別の太陽系に属する冥王星のような惑星のかけらであると合理的に説明できる」と、アリゾナ州立大学の宇宙物理学者であり、論文の共著者であるスティーブン・デッシュ(Steven Desch)は、プレスリリースで述べた。

凍った窒素でできた惑星のかけら

デッシュらは、5億年前、宇宙を飛び交う物体がオウムアムアの親にあたる惑星に衝突したと考えており、そのかけらが我々の太陽系に向かってくることになったという。

オウムアムアは氷で覆われていたが、太陽に近づくにつれて熱で氷が蒸発したため、スピードを上げたと彼らは考えている。これは「ロケット効果」と呼ばれ、彗星も同様の動きをする。

オウムアムアの組成は不明であるため、どのような種類の氷であれば昇華(固体から気体に変化すること)してロケット効果が得られるかを計算したところ、冥王星や海王星の衛星トリトンの表面と同じように、窒素の氷でできている可能性が高いという結論に達した。

NASAの探査機「ニュー・ホライズンズ」が撮影した冥王星の拡大カラー画像。

NASAの探査機「ニュー・ホライズンズ」が撮影した冥王星の拡大カラー画像。

NASA/JHUAPL/SwRI

オウムアムアが我々の太陽系、そして太陽に近づくにつれ、その表面の凍った窒素の層は剥がれていった。この天体は1995年に太陽系に突入していたが、誰もそれに気がつかず、その後、オウムアムアは質量の95%を失い、表面が溶け落ちて細長いかけらになったと、論文の著者は述べた。

彗星か、小惑星か…いや、そのどちらでもない

2017年末に太陽系を通過するオウムアムアの想像図。

2017年末に太陽系を通過するオウムアムアの想像図。

NASA/ESA/STScI

2017年に天文学者がオウムアムアの存在に気づいたときには、すでに時速31万5400kmの速さで地球から遠ざかっていた。そのため、この超高層ビルほどのサイズの奇妙な物体を観測できる期間は、わずか数週間しかなかった。地上にあるいくつかの望遠鏡と宇宙にある1つの望遠鏡で、飛び去って行くこの物体を観測したが、充分に調査できたとは言えなかった。今現在、オウムアムアはあまりにも遠くにあるため、現代の技術ではこれ以上の観測は不可能だ。

得られた情報が限られていたため、その物体の正体は何なのか、どこから来たのかについて、科学者が推測する余地が残された。オウムアムアは当初、彗星に分類されていたが、氷でできているようには見えず、彗星のようにガスを放出しているわけでもなかった。

オウムアムアの回転、速度、軌道は重力だけでは説明できないことから、小惑星ではないと考えられた。また、その扁平な形状は、これまでに観測されたどの彗星や小惑星とも一致しない。

しかし、今回の論文の著者らは、オウムアムアの組成が凍った窒素であることが、この形状の説明につながるとしている。

「凍った窒素の表層が蒸発し、ますます平らな形状になったのだろう。ちょうど石鹸が使っているうちに平らになるような感じだ」

エイリアンの宇宙船だと考える天文学者もいた

望遠鏡での観測によると、オウムアムアは他の多くの彗星や小惑星とは異なり、減速するのではなく、加速しているように見えたという。

ローブがオウムアムアをエイリアンの宇宙船だと考えるのはそのためでもある。2021年1月に出版した著書『Extraterrestrial: The First Sign of Intelligent Life Beyond Earth(地球外生命体:地球外の知的生命体の存在を示す初めての兆候)』で、ローブはオウムアムアをエイリアンが放棄した高度なテクノロジーの一端だと表現している。

「この物体には、我々の予想とは異なる点があり、それは注目に値する」とローブは2020年12月、Insiderに語った。

「『例外的なものは保守主義という敷物の下に隠してしまおう』と言う人もいるが、私はそういう考え方は気に入らない。納得いかないことがあれば、それを指摘すべきだと思うからだ」。

オウムアムアの想像図。

オウムアムアの想像図。

ESA/Hubble; NASA; ESO; M. Kornmesser

しかし、メリーランド大学の天文学者マシュー・ナイト(Matthew Knight)らが率いる国際的な天文学者グループによる2019年の論文では、入手可能なすべてのオウムアムアのデータを分析し、「オウムアムアをエイリアンと結びつける説を裏付けるような説得力のある証拠は見当たらない」と述べ、ローブの説が正しい可能性は低いと結論づけている。

「奇妙で説明が難しいの確かだが、だからといって他の自然現象で説明できる可能性を排除するものではない」とナイトは述べた

[原文:The mysterious interstellar object 'Oumuamua was a chunk of planet from another solar system, a new study says

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み