無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【速報】ソフトバンクG「年始以来早くも4社目」話題のSPAC上場へ。ラテンアメリカのテック企業買収目的

prime_softbank_SPAC_sonmasa

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長。世界的ブームの「特別買収目的会社(SPAC)」をどう使うのか。

REUTERS/Kim Kyung-Hoon

ソフトバンクグループは、同社が出資する特別買収目的会社(SPAC)「LDHグロウス・コープ」を3月19日(現地時間)に米ナスダック市場に上場させると発表した。1株あたり10ドルで2000万株を売り出し、2億ドル(約210億円)を調達する。

LDHは近い将来、「ラテンアメリカにおけるテクノロジー分野の高成長企業1社あるいは複数社」との合併や株式交換、資産買収などを手がけるという。上場時の主幹事はシティグループとJPモルガンが担当する。

ソフトバンクグループ副社長執行役員兼最高執行責任者(COO)のマルセロ・クラウレ氏がトップを務める。

わずか3カ月間で1200億円以上をSPAC通じて調達

ソフトバンクグループは1月12日と3月9日にも、SPAC計3社を上場させ、合わせて1200億円以上を市場から調達している。

プレスリリースによれば、1社目は「SVFインベストメント・コープ」で、1株あたり10ドルで5250万株を売り出し、オーバーアロットメント787万5000株を含めて6億375万ドルを調達。エリアを特定せず、テクノロジー関連分野での合併などを行う。トップはソフトバンクグループ副社長執行役員で、SVFを運営するソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズ(SBIA)最高経営責任者(CEO)のラジーブ・ミスラ氏。

2社目は「SVFインベストメント・コープ2」で、今回のLDHと同様、1株あたり10ドルで2000万株を売り出し、オーバーアロットメント300万株を含めて2億3000万ドルを調達した。「1」と同じくエリアを特定せず、テクノロジー関連分野での合併などを行う。トップはドイツ銀行出身でソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)マネージングパートナー(MP)のマニシュ・バルマ氏。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み