週末の日本列島は春の嵐 低気圧や前線通過で強まる風雨に警戒

週末は低気圧や前線が日本列島を通過し、全国の広い範囲で雨や雪、風が強まります。春の嵐となりますので警戒が必要です。

20日(土):西日本太平洋側で激しい雨のおそれ

雨雲の予想

20日(土)7時の雨雲の予想。

提供:ウェザーニュース

明日20日(土)は九州で朝から雨が降り出します。低気圧が東に進むにつれて、雨の範囲も広がる予想です。昼頃には中国・四国でもほとんどの所で傘が必要なくらいの雨になります。

午後になると近畿から北陸、東海なども雨が降り出し、夜には関東まで雨雲が広がってくる見込みです。

南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、四国や紀伊半島など太平洋側では局地的に雨雲が発達し、1時間に30mmを超えるような激しい雨の降るおそれがあります。

21日(日):関東や北日本で風雨強まる

降水・風の予想

21日(日)夜の降水・風の予想。

提供:ウェザーニュース

21日(日)になると低気圧は発達しながら日本海を北東に進みます。関東や東海、北日本では局地的な強い雨となる見込みです。短時間の強い雨や落雷、突風などに注意をしてください。

東海の山沿いなど雨雲が発達しやすい所では、総雨量が100mmを超える可能性があるため、特に警戒が必要です。

沿岸部は秒速25m以上の暴風のおそれも

雨・風の予想

21日(日)10時の雨・風の予想

提供:ウェザーニュース

低気圧に向かって強い風が吹き込み、北日本では瞬間的に秒速25mを超えるような暴風となる予想となっています。また、南西の風が強まりやすい関東の沿岸部も、秒速20m以上の風が予想され、鉄道など交通機関に乱れが生じる可能性があります。気象情報に加え、交通情報や運行情報もご確認ください。

上空に冷たい空気が残る北海道は雪になる所があり、道東の内陸部を中心に大雪のおそれがあります。非常に湿った重たい雪が降りますので、着雪による停電などに警戒が必要です。低気圧が近づくと雨に変わる所が増えるため、路面状況が変化しやすくなります。

» GPS検索 ピンポイント予報

(文・ウェザーニュース

"ウェザーニュース"より転載(2021年3月19日公開の記事)

ウェザーニュースは、株式会社ウェザーニュースが運営する天気専門メディアです。ウェザーニュースアプリでは、高精度な天気予報をはじめ、天気や季節に関する多彩なコンテンツを配信中。

※ウェザーニュース提供の記事に関する注意事項は、転載元ページの「ご利用に際して」をご確認ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み