無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


男が名字を変えてみたら…選択的夫婦別姓に「4%の男性」が漏らすホンネ

結婚

日本では、男性側が姓を変えるケースは全体のわずか4%だという。

撮影:今村拓馬

選択的夫婦別氏(別姓)制度の議論が揺れている。

自民党内では、石原伸晃元幹事長を座長とするワーキングチームが新たに設けられたが、発表された主要メンバーは、石原氏を筆頭に全員が男性だった。自民党の下村博文政調会長は「ニュートラルな方に幹部になってもらった」と釈明したが、そのジェンダーバランスの悪さが批判を呼んだ。

厚生労働省の2015年の調査によると、妻の名字(姓)を選んだ夫婦は4%で、結婚による改姓は圧倒的に妻側に負担が強いられている。しかし数は少ないながら、妻の名字になることを選んだ男性もいる。彼らのホンネとは ——。

妻の姓を名乗ったら「婿養子?」

婚姻制度

婚姻届上は、妻の姓にしても夫の姓にしても良いはずだが……。

Shutterstock

「婚姻届を出す時って、何も『夫の姓』にデフォルトでチェックが入っているわけじゃないんですよ。それなのに、なんでこんなに比率がアンバランスなんですかね?」

結婚して姓を変えた御守一樹さん(33)は、不思議そうに語る。

そのきっかけは、妻の姓である「御守」が全国的に珍しかったことだった。「この姓なら、人生得しそうだな」。妻が公的機関、一樹さんはIT企業に勤めていることもあり、姓を変えるハードルが低いことも決め手となった。

そうして自身の名字を変えた経緯について、一樹さんは「『4%の男』 - 結婚して男性が名字を変えると人生がどう変わるか -」と題したnoteで公開した。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

東村アキコさん

『東京タラレバ娘』作者・東村アキコさんがNFTアートを売り出した理由

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み