ワンルームの部屋を狭く見せる、わたしたちがやりがちな9つのミスとその解決策

間仕切り

パーテーションは必ずしもうまく機能するとは限らない。

KatarzynaBialasiewicz/Getty Images

  • ワンルームの部屋を飾り付けするのは、独特の挑戦だ。
  • 専門家は、わたしたちがしばしばスペースをより狭く見せる選択をしていると、Insiderに語った。
  • 大きな家具、白い壁、縦の空間をうまく使えていないことがよくあるミスとして挙げられる。

ミス1:縦のスペースをうまく使えていない

室内の様子

Westend61/Getty Images

小さなスペースで生活している時は、ちょっとしたスペースも最大限活用することが重要だ。ワンルームの部屋では縦の空間を使えていないと、せっかくの部屋を飾るチャンスを逃している可能性があると、専門家はInsiderに語った。

「部屋の面積は大きくないかもしれませんが、縦を活用することで空間を最大限に活用することができます」と、オンライン・インテリアデザイン・サービスModsyのスタイル担当のバイスプレジデント、アレッサンドラ・ウッド(Alessandra Wood)さんは言う。

Apartment Therapy』の編集者ミーガン・ベイカー(Megan Baker)さんは、キャビネットの上や天井といったスペースを挙げ、"縦"を使ってないことについて「空間を無駄にしている感じですね」と語った。


縦の空間を使う簡単な方法としては、「棚」や「アート作品」を置く

部屋の様子

"高さ"を意識しよう。

Malkovstock/Getty Images

大きめのアート作品を飾れば壁の上の方を活用できるし、棚を置けば物置と飾りの2つの役割を果たしてくれる。

例えば、『Apartment Therapy』が開催したコンテスト「Small/Cool Contest」の2020年の「極小」部門の勝者は、食器棚のドアを取り外し、空間をより大きく、より魅力的にしたものだったと、ベイカーさんはInsiderに語った。.

「わたしたちが好きな狭い空間向けのデザイン・アイデアの1つは、本棚をクリエイティブな方法で使うことです」と話したのはウッドさんだ。「本棚は縦の空間を使うので、床の空間利用を最小限にしつつ、できるだけ多くの物をしまっておくことができます」という。


ミス2:小さな家具をたくさん置いている

小さな家具

Vostok/Getty Images

ワンルームの部屋にものすごく大きな家具が入らないのは間違いない。しかし、小さな家具をたくさん置き過ぎてもダメだと専門家は警鐘を鳴らす。

「小さな空間に取り組む際の最大のミスは、小さくて控えめな家具が必要だと考えることです」とLiz MacPhail Interiorsの創業者で主任デザイナーのリズ・マクファイル(Liz MacPhail)さんはInsiderに語った。

「狭いスペースでは、小さくてバラバラな家具は貧弱でつまらなく感じられます」という。

Black Lacquer Designの創業者でクリエイティブ・ディレクターのケイトリン・マレー(Caitlin Murray)さんも同意見だ。

「小さ過ぎる家具があまりに多いと、どんな部屋も散らかって見えます」とマレーさんは話した。


矛盾しているように思えても、大きな家具を2、3つ置く方が良さそう

ワンルーム

LumiNola/Getty Images

ごちゃごちゃした印象を与えないためにも、専門家は自分の空間にあった大きめの家具を2、3つ置く方がいいとアドバイスしている。

「わたしは巨大なソファが4階建て、エレベーターなしの建物の狭い階段の吹き抜けを通れると言っているわけではありませんが、通れる範囲で一番大きな家具はスペースを埋めるのにぴったりだと思っています」とマクファイルさんは言う。

「小さなアパートに住んでいるなら、大きめの家具にお金を使った方が良いのではないでしょうか」とベイカーさんはInsiderに語った。

「小さな肘掛け椅子が4脚あると、大きめのソファが1つあるよりもやや散らかって見えるでしょう」


ミス3:大き過ぎる家具を置く

ソファ

Mint Images/Getty Images

マレーさんも、ワンルームで暮らしている人には「重さを感じさせる色が濃くて大きな家具」を避けるようアドバイスしている。

小さな家具をたくさん置き過ぎるのもごちゃごちゃした印象を与えるが、大き過ぎる家具もワンルームの部屋を狭く見せる。


半透明の家具は部屋を広く見せる

ガラステーブル

romakoma/Shutterstock

ウッドさんによると、半透明の家具は空間を広く見せたい時にぴったりだという。

「ガラス製やアクリル製の家具を選ぶのは、空間を実際より大きく見せるのに良い方法です」とウッドさんはInsiderに語った。

「大きな木製のコーヒーテーブルは止めて、ガラス製かアクリル製のものを選びましょう」

「空間をより広々としたものに見せることができるので、部屋がより大きく感じられます」


ミス4:壁が白いまま

壁

Anastasiia Krivenok/Getty Images

小さな空間では白い壁は効果的だが、自分が気に入らないようなら壁は白くなくていいと専門家はInsiderに語った。

「多くの人々が、小さな空間にとっては白が唯一の選択肢だと考えていると思います」とベイカーさんは言う。

「でも、小さな空間に住んでいるからというだけで、色を使うことを恐れる必要はないのです」


明るい色を取り入れることで、部屋の中に異なる「ゾーン」を作ることが可能に

壁

Westend61/Getty Images

専門家によると、アクセントウォールは全般的には廃れかけているトレンドだが、ワンルームの部屋では非常に効果的になり得るという。

壁の一部を塗ることで、部屋の中のエリアを区別する役に立ち、空間をより広く感じさせる。

「小さなワンルームの部屋で異なる用途のための異なる空間をはっきりさせると、そのスペースはより効率的で、日々の現実的な使用にあった実用的なものになり、全体的に広々と感じられるでしょう」とマクファイルさんは言う。

部屋の一部に色を取り入れたいなら、ベッドの上の側の壁を塗ることをベイカーさんは勧めている。


ミス5:背の低い家具を置く

ソファ

Martin Barraud/Getty Images

「床の上にそのままドサッと置かれた大きなソファほど、小さなスペースをより小さく見せるものはありません」とウッドさんは言う。

小さな空間には、脚のある家具を置いた方がいい。

「床から持ち上げるちょっとした脚のある家具を置くことで、広々とした感じが生まれます」とベイカーさんは話した。


脚のある家具は空間に広さをプラスしてくれる

ソファ

KatarzynaBialasiewicz/Getty Images

家具を持ち上げてくれる脚があれば、ワンルームも多少は広く感じられるだろう。ただ、部屋の面積が小さい場合は、さらに高さを足した方がいいかもしれない。

「長めの先細の脚が付いている家具なら完璧です」とウッドさんは話している。ミッドセンチュリーモダンの家具にはこうしたタイプの脚が付いていることが多く、このスタイルが長く愛される理由の1つだという。

ベイカーさんは、脚付きの家具はビンテージの家具を購入する機会も与えてくれるとInsiderに語った。

「多くの古い家具にはスカートが付いているので、そのスカートを取ってしまえば全く新しい家具になります」という。


ミス6:壁のあらゆる空白を埋める

壁

Andreas von Einsiedel/Getty Images

アート作品は小さなスペースに活気を与えてくれるが、やり過ぎないことが重要だ。

ワンルームに住んでいる人は特に、部屋を飾る時に"余白"を考えるべきだと専門家はInsiderに語っている。

「余白を頭に置いた上で、どうアート作品を配置したらいいか考えましょう」とマレーさんは言う。

ワンルームの部屋の1面が全面的にアート作品で覆われていると、見た目もごちゃっとして、空間全体が実際より狭く感じられるかもしれない。


余白を上手に使ってワンルームの部屋をできるだけ広く見せよう

ワンルーム

Joe Schmelzer/Getty Images

何の装飾もない壁もイマイチかもしれないが、ごちゃごちゃした印象を与えたくないなら、壁にかけたモノとモノの間に余白を作ることが大切だ。

「全てはバランスです」とマレーさんは言う。


ミス7:パーテーション(衝立)を置く

パーテーション

KatarzynaBialasiewicz/Getty Images

多くの人が、ワンルームの部屋に異なるゾーンを作るためにパーテーションを使おうとするが、それは最良の選択ではないかもしれない。

「(パーテーションは)とても良いアイデアです」とベイカーさんは言う。

「ただ、空間を実際よりも小さく感じさせるような形で分けることになるのではないかと思います」

特にパーテーションの色が濃かったり、高さが床から天井まであるような場合、部屋が狭く見えてしまう。


代わりに家具を使ってスペースを区切ってみよう

部屋の様子

View Pictures / Contributor / Getty Images

例えば、ソファをベッドのやや手前に置くことで、就寝エリアを分けることができる。

ベイカーさんは、ワンルームの部屋に異なるゾーンを作るにはラグを使うのもいいとInsiderに語った。大きな家具の下に敷くのだ。

「ソファとベッドをそれぞれ異なるラグの上に置けば、視覚的に分かれているように感じられます」とベイカーさんは言う。

どうしてもパーテーションを使いたい場合は、光が通るものを選ぼうとベイカーさんはアドバイスしている。そうすることで、暗い印象や重い印象を与えることなく、ワンルームの部屋を分けることができるという。


ミス8:薄暗い部屋にフロアランプを置く

フロアランプ

Jon Lovette/Getty Images

照明は部屋の雰囲気を大きく左右する。それは小さなワンルームの部屋でも大きな家でも同じだ。

フロアランプは部屋を明るくするのに有効だが、スペースを取るので、ワンルームに住んでいる人にとってはあまり良い方法ではない。

大きなテーブルランプも同じだ。


スペースを取らない照明と自然光が部屋を広く見せてくれる

部屋

in4mal/Getty Images

「照明に関する省スペースのデザインアイデアを探しているなら、ウォールスコンスがお薦めです」とウッドさんはInsiderに語った。

「こうした壁などに固定するタイプの照明は、貴重な床のスペースやテーブルの上のスペースを無駄にすることなく、部屋を明るくしてくれます」

専門家はまた、ワンルームに住んでいる人は自然光を上手に利用することが最優先だとInsierに語った。

「(カーテンやブラインドは)プライバシーのためか、部屋を暗くしたい時だけに必要なものだと、わたしは固く信じています」とマクファイルさんは語った。

「できるだけ自然光を取り入れましょう。プライバシーが心配なら、光を通すような薄いカーテンかロールスクリーンを選びましょう」


ミス9:家具を壁際に置く

部屋

FilippoBacci/Getty Images

全ての家具を壁際に配置すると、スペースを最大限生かせるような気がして、賢い選択に思えるかもしれない。しかし、ベイカーさんは逆効果になることが多いとInsiderに語った。

「部屋のスペースを最大限活用できているように感じられるので、ものすごく魅力的なのですが、これをやると部屋の真ん中に大きなスペースを作ることになります。これはデッドスペースです」とベイカーさんは言う。

また、家具を壁にぴったり付けると学生寮のような雰囲気になるとベイカーさんは付け加えた。これはワンルームの部屋で暮らしている人が目指しているものとは違うだろう。


いくつかの家具を少しでも壁から離して置いてみよう

部屋

Construction Photography / Avalon / Contributor / Getty Images

ベイカーさんによると、家具を壁から6~12インチ(約15~30センチ)離すだけで部屋が狭くても、広々とした温かい雰囲気になるという。

また、これはお金を使わずに部屋の模様替えをする方法の1つでもある。

[原文:9 mistakes you're making with your studio apartment that are making it look smaller

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BI PRIME

中国進出25年で初の営業黒字、ローソンがファミマを抜いた「てこ入れ」策

インサイド・チャイナ

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み