無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アカデミー賞授賞式の"新ルール"は、コロナ禍でハリウッドがいかに現実離れしているかを示している

アカデミー賞

Jennifer Graylock - PA Images / Contributor / Getty Images

OPINION

  • 2021年のアカデミー賞授賞式は4月25日(現地時間)に開催される。
  • 授賞式は対面式で実施され、そのドレスコードは「フォーマル」だ。
  • こうしたルールは、コロナ禍でいかにハリウッドが特権を享受しているかを示す最も新しい証拠の1つだ。

映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は3月18日(現地時間)、今年のアカデミー賞授賞式は完全に対面式で開催されると、Eメールで発表した。

ハリウッドのスターたちには、バーチャルで授賞式に出席する選択肢はない。Insiderでも報じたように、AMPASは「PCR検査ができる現地対策チームを含む、最新の結果を得るために特別にデザインされた検査体制」で出席者を迎えるという。

Eメールによると、プロデューサーたちの目標は、ストレスフルな1年を送ってきたセレブたちがリラックスできる「安全かつ心配のない夜」を作ることだという。

当日はドレスコードもあり、セレブたちはスウェットやパジャマを着て出席することはできない。

彼らは「刺激と憧れの融合」した衣装を着なければならず、これは「フォーマルはOK、カジュアルはダメ」ということだ。

要するに、全体として"ハリウッドは普段通りのビジネスに戻る"ということのようだ。

だが、こうしたプランはコロナ禍でいかにハリウッドが現実離れしているかを示している。

コロナ禍でどうすれば一般人に共感できるのか分からないハリウッド

パンデミックを通じて、ハリウッドのエリートたちは一般人の気持ちを理解し、自分たちも同じように新型コロナウイルスの痛みを感じていると伝えようとしてきた。

例えば、クリスチャン・シリアーノ(Christian Siriano)氏やブランドン・マックスウェル(Brandon Maxwell)氏といったデザイナーたちは、自身のファッションハウスを医療従事者のためのマスクやガウンを作る場に変え、俳優のライアン・レイノルズ、ブレイク・ライヴリー夫妻はアメリカのフードバンク「フィーディング・アメリカ」やカナダのフードバンク「フードバンクス・カナダ」に100万ドル(約1億1000万円)を寄付した。

だが、スターたちによる"サポート"はしばしば不十分だったり、不適切だったりで、彼らがいかに恵まれているかを強調する結果になっている。

その最もあからさまな例の1つが、映画『ワンダー・ウーマン』などで知られるガル・ガドットやその他のセレブたちがジョン・レノンの『イマジン』をカバーして反発を招いたことだ。多くの人々が、有名人や富裕層は動画ではなく、お金で支援する気持ちを表すべきだと感じた。

ジミー・ファロン、ガル・ガドット

ジミー・ファロンとガル・ガドットは『イマジン』を歌った。

@gal_gadot/Instagram

同様に、数百万の人々が仕事を失う中、豪邸で閉じ込められていると不満をこぼすセレブに対して、人々は異論を唱えた。

そして、時間が経つとともに、スターたちは再びパーティーと旅行を繰り返す通常のルーティンに戻った —— これは、彼らに高価な迅速検査を受ける経済的な余裕があるから、でもある。

彼らがソーシャルメディアで頻繁に、"検査"や"ソーシャルディスタンス"をキャンプションに掲げ、自らの"マスクなし"での活動をひけらかす中、多くのアメリカ人は唯一外出できるのが食料品店という状況で、自宅から彼らの投稿に「いいね」を付けてきた。

アメリカ各地でワクチン接種が進んでいるとはいえ、アメリカ人の多くはまだ新型コロナウイルスに感染するリスクにさらされていて、疾病予防管理センター(CDC)は人々に引き続きマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを確保し、人混みを避けるよう呼びかけている。

「安全かつ心配のない」アカデミー賞授賞式は、一般人にはできないことをリソースのあるセレブたちがやる、その特権を見せつける最も新しい例になるだろう。

2021年のアカデミー賞授賞式はハリウッドとそれ以外の格差をさらに強調へ

アカデミー賞授賞式は常に"高価な"イベントだった。2020年の授賞式にかかった費用は約4400万ドルだ。

2021年の授賞式はさらに高額になる見込みだ。これは「特別にデザインされた検査体制」といったAMPASが取る安全対策の影響だ。

一方で、日々自らの命を危険にさらさなければならない多くのエッセンシャルワーカーたちに、1人あたり500ドルとも言われる高価な迅速検査を受ける余裕はない。

ドレスコードもこの日の夜にかかるコストをさらに増大させる。セレブたちは基本的にデザイナーが手掛けたドレスやスーツを着るよう求められるからだ。トップ女優がアカデミー賞授賞式のために用意するドレスは、一般的に1000万ドルほどするものだ。

スカーレット・ヨハンソン、コリン・ジョスト

アカデミー賞授賞式に出席するスカーレット・ヨハンソンとコリン・ジョスト(2020年2月9日、カリフォルニア州ハリウッド)。

Kevork Djansezian/Getty Images

アカデミー賞授賞式の開催に大金がかかることは、誰もが知っていることだ。しかし、パンデミックのせいで失業率が上がり数百万人が家賃を払えずにいる状況の中、パーティーやドレスに何百万ドルも使っていることが注目されるのは、ハリウッドにとって好ましくない。

同様に、多くのアメリカ人がマスク着用を拒否し続けている中、2021年のグラミー賞授賞式では一部"マスクファッション"も披露されたが、それでもレッドカーペットにマスクなしで登場するスターは多い。

マスクなしのセレブたちの姿は、授賞式の視聴者にとって"良いお手本"とはならない。問題を解決するどころか、悪化させるだろう。

レッドカーペットを楽しんでいる時ではない

アカデミー賞授賞式は、ハリウッドのスターにとっても、自宅にいるファンにとっても、ワクワクする夜だ。

視聴者はセレブがレッドカーペットで着る最新のドレスを見るのが好きだし、多くの人にとって、賞を獲った俳優に拍手を送るのは、スーパーボウルで好きなチームが決めたタッチダウンを祝うのと同じような楽しさがある。

ただ、パンデミックで50万人以上が命を落とし多くの人々が経済的に困窮する中、アカデミー賞授賞式を楽しませてくれるものが今年はそれほど楽しく感じられないのだ。

オスカー像

Christopher Polk/GettyImages

もしバーチャルでの出席を認め、ドレスコードを緩めたり、パンデミックのせいで苦しんでいるアーティストを支援するために授賞式にかかる費用の一部を使っていたら、アカデミー賞授賞式はセレブたちにとって、より人々の共感を得られる、ゆっくりとした日常の再来を告げるチャンスになっただろう。

ところがAMPASは至る所でその特権を際立たせ、そのリソースをいかにハリウッドスターが大半のアメリカ人と別世界に生きているかを強調することに使っている。

結局、アカデミー賞授賞式はハリウッドのスターにとっても、そのファンにとっても、この世界がより安全になるまで我慢すべき贅沢品なのだ。

※これはオピニオン記事です。示されている考えは著者のものです。

[原文:The Oscars' new red-carpet rules prove how out of touch Hollywood has been throughout the pandemic

(翻訳、編集:山口佳美)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み