進む高級ホテルのレジデンス化。潜在需要の背景にある「常識の変化」とは?【入山章栄】

今週も、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にしてイシューを語ります。参考にするのは先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし、本連載はこの本がなくても、平易に読み通せます。

今年2月に帝国ホテルが「30泊36万円」のプランを、ホテルニューオータニが「3食・掃除洗濯付きで月75万円」のプランを打ち出すなど、ホテル業界では長期滞在型のいわゆる「レジデンス化」に活路を見出す企業が現れています。コロナ禍によって苦境に立たされたホテル業界も、入山章栄先生の目には「まだまだチャンスあり」と映っている様子。その理由とは?


帝国ホテル、ニューオータニ……ホテルのレジデンス化が進む

こんにちは、入山章栄です。

ホテル業界はコロナで苦境に立たされた業界の一つですが、一部では新たな試みが始まっているようですね。


BIJ編集部・常盤

BIJ編集部・常盤

今年2月、帝国ホテルが「30泊36万円」のプランを発表し、続いてホテルニューオータニが「朝・昼・晩の3食と掃除洗濯付きで月75万円」のプランを打ち出しました。このニュースについて、入山先生はどう思われますか?


高級ホテルが客室の一部を長期滞在型のアパートに転換するというので、ずいぶん話題になりましたよね。

今となっては「後だしジャンケン」なのですが、僕はこのホテルの高級アパート化・レジデンス化は非常にチャンスがある、とコロナ前から思っていました。というのも、僕自身が顧客としてそこに価値を見出していたからです。

僕はそもそも出張が多く、日本中・世界中のホテルに泊まっています。そして最近では、深夜まで早稲田大学のゼミ生の指導をする時期があり、その時には早稲田大学の隣にあるリーガロイヤルホテルに長期で連泊することもあります。

実は2019年に『世界標準の経営理論』を執筆していたときは、リーガロイヤルホテルに10日ほど自主的に缶詰めになることを、数回繰り返しました。これくらい連泊すると、まるで「ホテルに住んでいる」かのような感覚になるのですが、これがなかなか快適なのです。

もちろん、帝国ホテルやニューオータニのような月36万円とか75万円というのは、けっこうなお値段であることは間違いありません。とはいえ、これくらいの金額を出せる人がそれなりにいるのも事実。潜在需要の多さを考えれば、ホテルのレジデンス化は、むしろもっと早く始めるべきだったとさえ思います。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み