無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界のSaaS市場トレンド分析「業界特化型」から「金融」「ヘルスケア」まで:eMarketerレポート

サムネイル

shutterstock/Elle Aon

クラウドベース・ソフトウェアとも呼ばれる、ソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS:Software as a Service)は、この10年の間に企業向けソフトウェアの世界を一変させた。クラウド上に構築されたSaaS製品は、事業運営における複数の領域で活用され、ほとんどの業界で導入されている。

※この記事は2020年12月24日に公開した記事を一部編集して再掲載しています。

SaaSのメリットは、「柔軟性」や「コスト」

BII1

2020年、企業のソフトウェア支出はどう変化するのか? SaaS(左)と従来型ソフト(右)を比較。青「大幅増」、紺「微増」、ライトグレー「微減」、ダークグレー「大幅減」。

Business Insider Intelligence

世界の企業向けソフトウェア市場におけるSaaSの比率は、2009年には2%に満たなかったが2019年には23%まで拡大した。SaaSの世界市場は2022年に1406億3000万ドル(約14兆5000億円)に達すると見込まれている。

オンサイトの端末にインソールする従来型のソフトウェアに比べ、インターネット経由で使えるSaaSの利点とは何か。利用者側にとっては「アクセスの良さ」や「利便性」そしてコストを抑えながら柔軟な使い方ができることだ。ベンダー側にとっても、従来型に比べより「簡単」に「早く」「少ないコスト」で開発・提供できるメリットがある。

企業向けSaaS市場の成熟に伴い、ベンダーは企業のニーズの移り変わりや市場環境の変化に合わせて成長戦略を巧みにシフトさせている。コロナ危機でビジネス環境が急変。これまでにない規模でリモートワークが浸透し、ほとんどの業界でデジタル化が急務となった。これと並行するように、買い切り型のソフトウェアからSaaSへの移行が加速した。

さらなる成長に向け、ベンダーがとった戦略とは

BII2

世界全体で見たクラウドサービスの収益の推移予測。

Business Insider Intelligence

企業のIT戦略における優先順位も大きく変わった。2020年、ほとんどの企業はSaaSへの支出を「据え置き」か、変えたとしても「10%以下に留める」としている。その一方で、多くの企業がコスト削減には意欲的だ。このことから、他の市場セグメントでの支出減と、メンテナンス費用がかさむレガシーシステムからSaaSへの乗り換え需要の増加が予想される。

インサイダー・インテリジェンスによる調査レポート「SaaS解説」では、企業向けソフトウェア市場でシェアを拡大しているSaaSについて解説する。まずはSaaSモデルが企業向けソフトウェアの提供形態として主流となった理由を、利用者と提供者それぞれの視点から分析する。

次に、SaaSの3つの展開モデルと、主要な市場セグメントについて解説する。最後に、変化する環境に合わせ、ベンダーが試みている成長戦略について論じる。

本レポートで言及される企業:

Accenture, ADP, Allscripts, Athenahealth, AWS, Cerner, Datadog, Dropbox, Epic Systems, FIS Global, Fiserv, Finastra, Google, HubSpot, IBM, Microsoft, NCR, Oracle, Salesforce, SAP, Temenos, Ultimate Software, Veeva, Workday, Zoom

本レポートのキーポイント

BII3

  • 今年、SaaSベンダーがビジネス拡大のために最も力を入れているのが、製品ラインの拡充だ。自社ソリューションを長く使い続けてもらうためには、製品やサービスの幅を広げる必要がある。それには主に3つの方法があり、それぞれに利点と限界がある。
  • いまB2Bソフトウェア・エコシステムのなかで注目が高まっているのが、「業界特化型SaaS(Vertical SaaS)」だ。今年のSaaS新規導入で最多と予想されるのは、「金融サービス業界」と「ヘルスケア業界」での業界特化型サービスだ。
  • SaaSベンダーは「価格戦略」を見直すことで、顧客基盤を拡大し収益を増やせる。価格設定とアクティベーションにはいくつかのモデルがあり、それぞれのアプローチに長所と短所がある。
  • SaaSベンダーは顧客ニーズの変化に応じて、さまざまな戦略を考える必要がある。モバイル端末向けのサービス提供や、アプリのパフォーマンスの視覚化、そしてカスタマーサポートでのAI活用などが例として挙げられる。

本レポートの完全版では

  • 企業向けSaaS業界を概観する。
  • 最も早いペースで拡大している市場セグメントについて解説する。
  • 業界の主要トレンドや、SaaSベンダーが重要視する成長戦略を分析し、今後の業界動向を占う。

本レポートの完全版を入手するには

リサーチストアからレポート完全版をご購入・ダウンロードする。→購入・ダウンロードはこちらから

※購入ページ内から領収証の発行が可能です

[原文:THE SOFTWARE AS A SERVICE EXPLAINER: How SaaS is set to further shape the enterprise software market and the biggest trends driving its growth

(翻訳・野澤朋代)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

Z世代

Z世代に広がる「サステナブル疲れ」……就活にもSDGs講座、友人同士でマウンティング

  • 牧島 夢加 [SEEDATA Futurist(フューチャリスト)/ Zs代表]
  • Aug. 05, 2021, 07:10 AM
  • 6,530

tmb_issue.001

VISAも提携に乗り出す仮想通貨。その「信用」はどう成り立っているのか?【音声付・入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Aug. 05, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み