「パンデミックでも食い止められない」アメリカでは銃犯罪による死亡者数が記録的に多くなっている

事件現場

事件現場に貼られた立ち入り禁止のテープ(2020年8月16日、ニューヨーク)。

Lev Radin/Getty Images

  • アメリカでは2020年、銃犯罪による死亡者数が記録的な数にのぼった。
  • 611件の銃乱射事件が発生した。

アメリカでは2020年、銃犯罪による死亡者数がここ20年以上で最も多くなった。新型コロナウイルスのパンデミックで、ジョージア州アトランタやコロラド州ボルダーで最近発生したような規模の銃乱射事件がほとんどなかったにもかかわらず、だ。

非営利団体Gun Violence Archiveのデータによると、アメリカでは2020年、1万9379人が銃犯罪で死亡した。この数字には、銃による自殺は含まれていない —— 銃による自殺は、アメリカの銃による年間死亡者数の多く(約3分の2)を一貫して占めている。Gun Violence Archiveによると、2020年の銃による自殺は2万4090件だった。

Gun Violence Archiveが2013年に銃犯罪を追跡調査し始めて以来、銃犯罪による年間死亡者数は基本的に1万2000人から1万5000人の間で推移してきた。2020年が最も多く、次に多かったのは2017年(1万5718人)だ。

ジョージア州とコロラド州で銃乱射事件が相次いだことを受け、ソーシャルメディアでは多くの人々が、新型コロナウイルスの規制が緩和され、徐々に日常が戻ることによって、2021年は銃乱射事件が急激に増加するのではないかと指摘している。

例えば、オバマ元大統領はアトランタとボルダーの銃乱射事件を受け、「世紀に一度のパンデミックだけでは、この国の銃乱射事件を食い止めることはできない」とコメントした

しかし、 Gun Violence Archiveによると、2020年に発生した銃乱射事件 —— 同団体では、犯人を除いて一度に4人以上が撃たれるか死亡した事件を「銃乱射事件」と定義している —— は2019年より多かったという。2020年に発生した銃乱射事件は611件で、2019年の417件より多い。

とはいえ、「銃乱射事件」の普遍的な定義はない。Gun Violence Archiveの定義は、他のデータベースで使われている、犯人を除いて一度に4人以上が撃たれて死亡した事件を「銃乱射事件」とする定義よりも広い。

だが、多くの専門家は死亡者数よりも"何人が撃たれたか"に基づいて銃乱射事件を定義する方が、アメリカの銃犯罪の規模をより正確に把握できると考えている。また、その方が基本的にトップニュースにならないような圧倒的に有色人種に影響を及ぼすような事件を強調するのに役立つという。そして、公共の場での銃乱射事件はアメリカにおける銃による死亡者数のほんの一部に過ぎず、そこにばかり注目することは銃犯罪に対する近視眼的な見方につながりかねない。

「命を落とした人と生き残った人を分けるのは、単に射撃技術の問題かもしれません」とカリフォルニア大学銃暴力研究センター(University of California Firearm Violence Research Center)の所長で救急医療医のガレン・ウィンテムート(Garen Wintemute)氏はABC Newsに語った。ウィンテムート氏は「取るに足りない命などありません。わたしたちは一度に多くの命が失われると、特別に注意を払います。そして、一度に1人、死亡したり、撃たれたり、生き残った人をあまり認識していないのです」と話した。

[原文:2020 saw more gun deaths in the US than any year in over two decades, showing even a pandemic couldn't stop the violence

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_china.001

高学歴高収入な働きすぎ女性が照準。4億人170兆円の中国版ウーマノミクス市場

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Jun. 22, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

宝槻泰伸・宝槻圭美

探究学舎・宝槻泰伸さん、倒産寸前でも妻の「大丈夫だよ」に救われた

  • 宮本恵理子 [ライター・エディター]
  • Jun. 22, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

karakama_central_bank_germany

独連邦銀行トップの「変節」話題に。中央銀行の気候変動対応に「正当な利益」

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Jun. 22, 2021, 06:55 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み