無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


いま起業するならおすすめの12業種リスト。あまり注目されない「狙い目」も

コロナ禍により生活が一変してから1年が経ち、状況改善の新たな兆しが見え始めている。

パンデミックによりほとんどの業界が影響を受けたが、回復が続き、力強い成長が見込まれる分野もある。

アメリカ全体のビジネスにおいては、顧客へのサービス提供方法、社員の働き方や家賃の払い方に至るまで、画期的な方法が次々に生み出されてきた。

2020年5月に著名投資家のウォーレン・バフェットはこう話している。「過去にはもっと厳しい時代もありましたが、アメリカン・ミラクル、アメリカン・マジックで常に乗り越えてきました。今回もそうなるでしょう。アメリカに希望を託しましょう」

実際、Airbnb、Pinterest、WhatsApp、Venmoなど、不景気で社会が落ち込んでいるときに創業して現在大成功している企業もある。

またMITの研究によれば、コロナ禍においては、逆境に強い事業を行うチャンスがたくさんあるのだという。どんな事業を始めるにしても、適応能力とイノベーションは重要だ。

Insiderはこれまでも、コロナ禍を乗り越えてきた大小の企業を取り上げてきた。それらの記事や、さまざまな業界の専門家・リーダーからの情報、調査や分析結果などをもとに、あまり注目されないものの、アメリカ経済が回復する中で成長していくと思われる12の分野を独自にまとめた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み