レディー・ガガがレッドカーペットで魅せた、最も大胆かつ象徴的な35のスタイル

レディー・ガガ

Jeff Spicer/Getty Images

  • レディー・ガガは、レッドカーペットで大胆かつ象徴的なファッションを披露してきたことで知られる。
  • 卵型のカプセルに入ったり、機械式の馬に乗るなどして、レッドカーペットに登場したこともある。
  • かと思えば、古き良きハリウッドのグラマラスなスタイルで現れたこともある。

2008年のNewNowNext Awardsで、レディー・ガガはファッションで自らをアピールした。

レディー・ガガ

2008年のNewNowNext Awards。

Bryan Bedder/Getty Images

2008年にMTVのスタジオで開かれたNewNowNext Awardsは、『Just Dance』をリリースした後、レディー・ガガが注目された初期のスタイルの1つだ。

プラチナ色のぱっつん前髪、丸いサングラス、ボディスーツという当時の"定番"は、「ガガの伝統的スタイル」とも呼ばれる組み合わせだ。


2009年のMTV Video Music Awardsでは、19世紀にインスパイアされたドレスを着こなした。

レディー・ガガ

2009年のMTV Video Music Awards。

Michael Loccisano/Getty Images

2009年のMTV Video Music Awardsで、ガガは時代物のドレスを試した。

羽のネックカラーや『オペラ座の怪人』を彷彿とさせるマスクを着け、ベビーピンク色の髪がモダンな雰囲気をプラスしている。


2010年のグラミー賞授賞式では、その宇宙っぽいファッションが注目された。

レディー・ガガ

2010年のグラミー賞授賞式。

Jason Merritt/Getty Images

第52回グラミー賞授賞式のレッドカーペットに、ガガはライラック色の宇宙っぽいスタイルを選んだ。

小道具を使って、ガガはファッションを次のレベルに進めた。


2010年のブリット・アワードで、ガガは全身を白で包んでニュースになった。

レディー・ガガ

2010年のブリット・アワード。

Ian Gavan/Getty Images

2010年のブリット・アワードのレッドカーペットでは、そびえ立つ白のウィッグにボリュームのある白のレイヤードドレスを着用。今でも、レディー・ガガの最も印象的なスタイルの1つとして認識されている。


この年のMTV Video Music Awardsでは、故アレキサンダー・マックイーンに敬意を表した。

レディー・ガガ

2010年のMTV Video Music Awards。

Shutterstock / Featureflash

有名デザイナーのアレキサンダー・マックイーンの死から7カ月後、レディー・ガガは2010年のMTV Video Music Awardsのレッドカーペットでそのドレスを着用することで、友人に敬意を表した。

ガガはこのドレスに羽の頭飾りと、マックイーンが手掛けた有名なアルマジロのシューズを合わせた。

同じドレスをガガは『Vanity Fair』の2010年9月号の表紙の撮影でも着用した。


2011年のグラミー賞授賞式のレッドカーペットでは、自らを生けるアート作品に変えた。

レディー・ガガ

2011年のグラミー賞授賞式。

Larry Busacca/Getty Images

第53回グラミー賞授賞式のレッドカーペットでは、ガガは卵型のカプセルに入り、それを神輿のように担いで運ばせた。


2013年のMTV Awardsでは、先鋭的なスタイルを披露。

レディー・ガガ

2013年のMTV Awards。

Larry Busacca/Getty Images

2013年のMTV Video Music Awardsで着用したオールブラックのドレスはプラバル・グルンがデザインしたもので、ガガはこのマーメイド・スタイルのドレスに、腰のリボンと水玉模様の薄いトレーンを合わせた。

サングラスがロックな雰囲気をプラスし、2008年のNewNowNext Awardsの装いを彷彿とさせた。


2013年の『Artpop』のリリース記念パーティーでは、アルバムのタイトルを体現した。

レディー・ガガ

2013年の『Artpop』のリリース記念パーティー。

Brad Barket/Getty Images

再び全身黒で決めたガガだが、今回はヒールのものすごく高い靴とアールデコ調の頭飾り、複数の素材を使ったドレスを合わせた。


2013年のアメリカン・ミュージック・アワードでは、再び大胆な方法でレッドカーペットに現れた。

レディー・ガガ

2013年のアメリカン・ミュージック・アワード。

Jason Merritt/Getty Images

2013年のアメリカン・ミュージック・アワードのレッドカーペットに、ガガは機械式の馬に乗って現れた。長いブロンドの髪と流れるようなライラック色のドレスを合わせたその様子は、11世紀のイギリスの伯爵夫人レディ・ゴディバの現代版のようだった。


キャロル・キングを称える2014年のガラでは、大胆なアクセサリーを着用した。

レディー・ガガ

2014年のミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤーのガラ。

Jason Merritt/Getty Images

2014年のミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞したキャロル・キングを称えるガラで、ガガは定番の丸いサングラスとドラマチックなヘアスタイルでレッドカーペットに現れた。

プラチナ色のぱっつん前髪に流行の先端を行くサングラス、シルバーのベルト、シルバーのパンプスを合わせた。


2014年のアカデミー賞授賞式には、上品なスタイルで登場。

レディー・ガガ

2014年のアカデミー賞授賞式。

Jason Merritt/Getty

ガガは、ベビーピンクの生地にメタリックな飾りが付いたマーメイドドレスで第86回アカデミー賞授賞式に出席した。

髪はシンプルにまとめ、シフォンのスカーフを合わせた。


トニー・ベネットとのジャズアルバムを発表した時も、ガガは古き良きハリウッドの華やかなスタイルを見せた。

レディー・ガガ

2014年、トニー・ベネットと。

amie McCarthy/Getty Images

トニー・ベネットとのコラボレーション・アルバム『チーク・トゥ・チーク』を発表した時は、胸元を強調する光沢のあるブラックドレスを着ていた。


2014年のケネディ・センター名誉賞のイベントでは、大胆なメイクを披露した。

レディー・ガガ

2014年のケネディ・センター名誉賞のイベント。

Kris Connor/Getty Images

2014年のケネディ・センター名誉賞のイベントでは、キラキラと光る銀色の星が散りばめられたケープ付きのオールホワイトのドレスを着用した。ただ、一番のポイントは銀色の眉だろう。


2015年のグラミー賞授賞式には、シックなスタイルで。

レディー・ガガ

2015年のグラミー賞授賞式。

Jason Merritt/Getty Images

第57回グラミー賞授賞式では、ガガはレッドカーペット版の人魚のような衣装に身を包んだ。ローカットなメタリックドレスにエメラルドのネックレスを合わせた。


2015年のアカデミー賞授賞式のレッドカーペットでは、そのアクセサリーが注目を集めた。

レディー・ガガ

2015年のアカデミー賞授賞式。

Jason Merritt/Getty Images

第87回アカデミー賞授賞式では、1950年代のような首元の詰まった、ボリュームのあるトレーンのキラキラと光るドレスを着用した。

このドレスに、ガガは鮮やかな赤のグローブを合わせた。


この年のアカデミー賞のアフターパーティーでは、真逆のドレスを着た。

レディー・ガガ

2015年の『Vanity Fair』主催のアカデミー賞のアフターパーティー。

Evan Agostini/Invision/AP

ダークな口紅とそれに合わせたアイシャドウ、太いブレスレットは、ガガのオールブラックのドレスとブロンドの長い髪のシンプルさを際立たせていた。


2015年の『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』の上映会では、鮮明な赤のドレスを着用。

レディー・ガガ

2015年の『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』の上映会。

Jason Merritt/Getty Images

上映会で、ガガはドレスと同じ色の口紅と靴を合わせた。


2016年のゴールデングローブ賞授賞式では、再び古き良きハリウッドのグラマーなスタイルに身を包んだ。

レディー・ガガ

2016年のゴールデングローブ賞授賞式。

Jason Merritt/Getty Images

2016年のゴールデングローブ賞で、ガガは『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』の演技でテレビ部門の主演女優賞を受賞した。

オフショルダーの黒のベルベットのドレスに、大きく緩くカールした髪を合わせた。ヒップのアクセントが効いている。


2016年のグラミー賞授賞式では、大胆なドレス姿を披露。

レディー・ガガ

2016年のグラミー賞授賞式。

Jason Merritt/Getty Images

ネオンオレンジの髪に、メタリックな飾り付きのロイヤルブルーのドレス姿でガガは注目を集めた。

ものすごくヒールの高い赤い靴を合わせて、大胆なスタイルに。


2016年のアカデミー賞授賞式には、クリエイティブなパンツスタイルで登場した。

レディー・ガガ

2016年のアカデミー賞授賞式。

Frazer Harrison/Getty Images

ドレスの前が分かれ、そこからワイドパンツが見えている。


この年のアメリカン・ミュージック・アワードにも、似たような白のパンツスタイルで登場した。

レディー・ガガ

2016年のアメリカン・ミュージック・アワード。

Jordan Strauss/Invision/AP

クラシックなオールホワイトのパンツスーツに、つばの広いハットを合わせた。


2017年のグラミー賞授賞式には、ロッカーシックな装いで。

レディー・ガガ

2017年のグラミー賞授賞式。

Alberto E. Rodriguez/Getty Images

ガガは膝上まであるプラットフォームブーツ、チェーン付きのホットパンツ、首と袖に飾りの付いたブラトップを着ていた。


2017年トロント国際映画祭の『レディー・ガガ:Five Foot Two』のワールドプレミアには、再び先鋭的なスタイルで登場した。

レディー・ガガ

2017年の『レディー・ガガ:Five Foot Two』のワールドプレミア。

Emma McIntyre/Getty Images

自身のドキュメンタリー作品『レディー・ガガ:Five Foot Two』のプレミアで、ガガのファッションは再び注目を集めた。ぼろぼろに切り裂かれたパステルピンクのジャケットにポリ塩化ビニル(PVC)のフレアパンツを合わせた。


2018年ベネチア国際映画祭の『アリー/ スター誕生』の上映会で、ガガは実写版ディズニープリンセスのようだった。

レディー・ガガ

2018年のベネチア国際映画祭での『アリー/ スター誕生』の上映会。

Vittorio Zunino Celotto/Getty Images

ゴージャスなピンク色の羽のついたドレスは、まさにディズニープリンセスの雰囲気だった。


2018年のトロント国際映画祭では、フィッシュネット・ベールで注目を集めた。

レディー・ガガ

2018年のトロント国際映画祭。

Michael Loccisano/Getty Images

2018年のベネチア国際映画祭の1週間後、ガガは『アリー/ スター誕生』の2度目の試写会のためにトロント国際映画祭に登場した。

光沢のあるブラックドレスにキラキラと光るベールとミニマリストなハットを合わせた。


『アリー/スター誕生』のアメリカでのプレミアには、全身シルバーで登場。

レディー・ガガ

2018年の『アリー/スター誕生』のアメリカでのプレミア。

Neilson Barnard/Getty Images

首元の詰まった裾の長いドレスに、赤い口紅と緩くウェーブのかかった髪を合わせて、古き良きハリウッドの雰囲気を再び醸し出していた。


イギリスでのプレミアでは、王族のような雰囲気を漂わせた。

レディー・ガガ

2018年の『アリー/スター誕生』のイギリスでのプレミア。

Jeff Spicer/Getty Images

フリルの襟や真珠飾りなどが付いた白とゴールドのアレクサンダー・マックイーンの肩を出したドレスは、イギリスのエリザベス1世女王時代のファッションにインスパイアされたようだった。


雑誌『ELLE』の2018年のWomen in Hollywood Celebrationには、オーバーサイズのスーツ姿で現れた。

レディー・ガガ

2018年のELLE Women in Hollywood Celebration。

Mario Anzuoni/Reuters

ELLEの2018年のWomen in Hollywood Celebrationでは、ハリウッドのグラマーなスタイルやプリンセスのようなドレスから離れて、オーバーサイズのブラウンのスーツを着た。

髪は後ろでまとめ、目元はスモーキーに仕上げている。


2018年のSAG-AFTRA財団主催の「パトロン・オブ・ザ・アーティスト賞」の授賞式に、ガガはこれまでで最もシンプルなスタイルで臨んだ。

レディー・ガガ

2018年のSAG-AFTRA財団主催「パトロン・オブ・ザ・アーティスト賞」授賞式。

MARIO ANZUONI/Reuters

この授賞式に、ガガはミニマルかつシンプルなスタイルで出席した。

シフォンのドレスにベージュ色のパンプス、ナチュラルなメイクを合わせた。


2019年のゴールデングローブ賞の授賞式では、まるでシンデレラのようだった。

レディー・ガガ

2019年のゴールデングローブ賞授賞式。

Axelle/Bauer-Griffin/Getty Images

2019年のゴールデングローブ賞で、ガガは『アリー/スター誕生』の「シャロウ」で主題歌賞を受賞した。授賞式には袖が特徴的なブルーのドレスを着て出席した。

髪に青色をプラスすることで、さらに印象的なスタイルになっている。


2019年のグラミー賞授賞式では、パンクロック・スタイルを披露。

レディー・ガガ

2019年のグラミー賞授賞式。

Jordan Strauss/Invision/AP Images

2019年のグラミー賞授賞式で、ガガは再び全身シルバーのスタイルを披露した。

チョーカーネックレスやプラットフォームヒールなどが、パンクな雰囲気を醸し出している。


2019年のアカデミー賞授賞式では、オードリー・ヘプバーン風に。

レディー・ガガ

2019年のアカデミー賞授賞式。

Jordan Strauss/Invision/AP

2019年のアカデミー賞で、ガガは『アリー/スター誕生』の「シャロウ」で主題歌賞を受賞した。その授賞式には、再びブラックのドレスで登場した。

黒の長い手袋、真珠とダイヤモンドのネックレスを合わせ、髪をアップスタイルにすることで『ティファニーで朝食を』のような雰囲気を漂わせた。


2019年のMETガラでは、レッドカーペットをフルに使ったパフォーマンスで圧倒した。

レディー・ガガ

2019年のMETガラ。

MARIO ANZUONI/Reuters

"キャンプ"がテーマだった2019年のMETガラで、ガガは3度の衣装替えを含むパフォーマンスをレッドカーペットで見せた。


2020年のスーパーボウルの前夜祭イベント「スーパーサタデーナイト」では、再び大胆なヘアスタイルを披露した。

レディー・ガガ

2020年のスーパーサタデーナイト。

Associated Press

スーパーボウルの前夜に開かれるイベント「スーパーサタデーナイト」のレッドカーペットを、ガガはガラスタイルの飾りのついたジャンプスーツを着て歩いた。

明るい青色の髪とキラキラ光るヘッドピースを合わせて、大胆なスタイルに。


2020年のMTV Video Music Awardsでは、レッドカーペットとステージでアピールした。

レディー・ガガ

2020年のMTV Video Music Awards。

Kevin Winter/MTV VMAs 2020/Getty Images for MTV

2020年のMTV Video Music Awardsに、ガガは宇宙飛行士にインスパイアされたシルバーのドレスに透明のヘルメット、黒のプラットフォームブーツ姿で現れた。

イベント中、ガガは7種類の大胆な衣装を披露し、毎回異なるマスクを着用した。

[原文:35 of Lady Gaga's most iconic red-carpet looks of all time

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み