無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


サブウェイは1500店舗以上! アメリカではコロナ禍で飲食店の10%が閉店した

サブウェイ

サブウェイ。

Tim Boyle/Getty Images

  • アメリカでは、コロナ禍で飲食店の10.2%が閉店した。
  • 中でも、最も影響を受けた大手チェーン店は、ダンキン、バーガーキング、サブウェイだった。
  • 一方、ドミノ・ピザやスターバックスは2020年、店舗数を増やした。

飲食業界の調査会社Dataessentialの最新レポートによると、アメリカでは2020年に新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、飲食店の10.2%が閉店した。

業界のどのセクターも無事ではなかった。閉店の波はファストフード、ファストカジュアル、カジュアル、高級料理店を襲った。Dataessentialによると、サブウェイは他のどの大手チェーンよりもたくさんの店舗を閉めていて、店舗数は1557 —— 割合にして6.6%減った。ダンキンは559店舗を失ったという。

ファストフードの定番もパンデミックで打撃を受けた。バーガーキングは319店舗を閉店した。マクドナルドも173店舗を閉めたが、これは割合にして1.2%に過ぎず、まだ1万3000店舗以上を展開している。アイスクリームのバスキン・ロビンス(Baskin Robbin's)、ハンバーガーチェーンのハーディーズ(Hardees)、ステーキ・アンド・シェイク(Steak N Shake)も店舗数を減らした。コロナ禍でピザ人気が高まっていたものの、リトル・シーザーズ(Little Caesar's)は120店舗を閉めた。

一方で、新店舗をオープンさせたチェーン店もあった。最も多かったのはドミノ・ピザで、358店舗を新たにオープンした。だが、これは必ずしも"驚き"ではない。アメリカでは、ピザのパパ・ジョンズ(Papa John's)やフライドチキンのウィングストップ(Wingstop)といった、デリバリーが充実しているブランドへの注文が増えていて、ピザとチキンウィング(鶏の手羽肉)はコロナ禍で早くから"勝者"と称されていた。

ただ、一部を除いてピザ業界は苦戦し、2020年3月には300億ドル、4月には500億ドルの損失を出した。リトル・シーザーズが示しているように、ピザ人気はすべてのピザチェーンに当てはまったわけではなかった。

スターバックス、タコベル、チポトレ(Chipotle)はそれぞれ200店舗以上を増やして2020年を終えた。これらのチェーン店はいずれもコロナ禍でドライブスルーに投資している。

スターバックスは客が注文をするためのデジタル・スクリーンやバリスタが注文を入力するための手持ち式の端末機器を導入して、ドライブスルーの効率を向上させようと取り組んでいる。タコベルは2020年、ドライブスルーの流れをもっと早くするために12を超えるアイテムを削減した結果、売り上げが伸びた。チポトレは「チポトレーン(Chipotlane)」と呼ばれるドライブスルーのレーン数が多い店舗を何百とオープンしていて、店舗数を倍増させる計画だ。

店舗数を増やした飲食店の大半はドライブスルーとモバイルオーダーを導入している。ただ、それも全てのチェーン店に当てはまるわけではない。

[原文:Hundreds of Subway, Dunkin', and Burger King locations closed in 2020 - here are the chains with the most closures

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み