無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


民藝が促す、異なる背景を持つ人たちへの受容。若者世代に抱く希望【日本民藝館・古屋真弓4】

第4回サムネイル

2020年2月に母校・国際基督教大学で学生が企画したトークセッションに招かれたときのことだ。

「見えないを見る〜衣・食・住・エネルギーから探る、これからの暮らし〜」というテーマで、民藝の立場から参加した古屋真弓(46)をはじめ、農業、自然エネルギー、哲学の分野の4人がセッションをする会だった。

資本主義経済のもと、企業が利益の最大化を目指して効率を推し進めた結果、CO2の排出量は増え、地球温暖化は深刻化している。

この地球規模の構造問題に個人としてどう向き合うのか、等身大で取り組むきっかけを議論したこの会で、自身の環境に関する問題意識と民藝の本質を結びつけて理解している学生たちがいることを知った。

ある学生はファッションへの関心からイギリスに留学し、巨大市場となったファストファッションの背景にある途上国の低賃金労働や大量廃棄など、環境への負荷の問題に目が向くようになった。環境に負荷をかけないエシカルな暮らしと自分の目指すファッションをどう結びつけられるかを考えたとき、その先に民藝があったと古屋に話した。

民藝のつくり手たちは、今も日本の各地域で手仕事によるものづくりをしている。陶芸、かご、漆器、織物、家具など、その土地で採取される材料をできるだけ使い、受け継がれてきた工法で、その土地の風土に合う使い方の模索を継承している。望めばつくり手に会うことができる。つくられてきた歴史を知ることもできる。

「若い人たちは民藝の受け止め方が柔らかく、しかも深いです。彼らは民藝の思想にぐっと入ってきます。彼らに出会えたことは、私にとっても希望です」

若者世代に渡される民藝のメッセージ

インタビューの冒頭で、民藝の根本にある思想は他者を認めることだと古屋は話した。そして、民藝は世界平和なのだと続けるにあたり、「こういうと笑われることがあるんですが……」と言う古屋にはためらいが感じられた。

だが、このインタビューが実現したのも、本欄を担当する28歳の編集者が、「アイヌの美しき手仕事」展に心を動かされ、この力強い企画を立てた学芸員に話を聞きたいと願ったのが発端だ。民藝のメッセージは若い世代に渡されている。

編集者はアイヌの伝統的な衣服「アットゥシ」を見て打たれた思いを古屋に次のように伝えた。

オヒョウ縞地切伏刺繍衣裳 (アットゥシ)

「アイヌの美しき手仕事」展示品の一つ、オヒョウ縞地切伏刺繍衣裳 (アットゥシ)。日本民藝館蔵

提供:日本民藝館

<森で採った木の皮を温泉につけてやわらかくしてから裂いて編んだ布を、狩猟に行く息子や夫が雨風を凌げるようにと願って着せる、その自然と暮らしの一体感が、衣服という『もの』を通して深く実感できた>

古屋が笑顔でうなずいた。

「そう言っていただいてうれしいです。詳しく解説文を添えなくても、『もの』を通して心が動き、幅ができるという体験をしてもらえるということの先に、異なる背景を持つ人たちへの受容につながっていく可能性があると、私も今回のアイヌの展覧会で確信を持つことができました」

根強いアイヌへの不理解、知るきっかけに

アイヌ民族のパフォーマンス

19世紀のアイヌ民族同化政策以来、現在でもアイヌ民族への差別は温存されている。国立大学が100年間にわたってアイヌの墓から研究目的で盗掘した2000体の遺骨は、今でもなお返還が終了していない。

REUTERS/Yuriko Nakao

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

karakama_germany_2109_posters

メルケル独首相の後継レースは大混戦。ドイツ総選挙、いよいよ日曜日に投票迫る

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Sep. 24, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み