無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「実店舗を持たない」デジタル銀行。中小企業向けサービス急増の要因は?:eMarketerレポート

qonto

Shutterstock/Postmodern Studio

  • この記事はインサイダー・インテリジェンスによる調査レポート「世界における中小企業向けネオバンク(Global Small Business Neobanks)」のプレビュー版。レポート完全版(有料)はこちらから

近年ネオバンクが世界中で急激に普及している。ネオバンクとは実店舗を持たず、レガシーシステムに依存しない、先端的な機能を揃えるデジタル専用銀行だ。

中小零細企業が満足できる金融サービスが少ない

イギリスの中小企業が銀行を変える際に検討する項目。

イギリスの中小企業が銀行を変える際に検討する項目。

Business Insider Intelligence

現在メディアの見出しを飾っているネオバンクのほとんどが、個人顧客を対象としている。だが、おそらくネオバンクが最も大きなインパクトを与えられるのは、年間8500億ドル(約93兆円)規模にもなる中小企業向け金融の分野だろう。既存銀行によるサービスが充実しているとは言い難く、大きな可能性を秘めている。

最新のテクノロジーを駆使して構築され、コストのかかる実店舗のネットワークを持たないネオバンクは、既存の銀行よりもはるかに効率的に中小企業にサービスを提供できる。主なサービスには「迅速な口座開設」「複数階層の口座(手数料無料である場合が多い)」中小企業の事業運営を合理化するための「会計・簿記ソフトなどのサードパーティ・ツールとの統合」などがある。

ネオバンクが持つオペレーション上の優位性

オープンバンキングによって期待できる新たな収益の推移予想。

オープンバンキングによって期待できる新たな収益の推移予想。

Business Insider Intelligence

インサイダー・インテリジェンスによる調査レポート「世界における中小企業向けネオバンク」では、中小企業向けのネオバンクサービスが爆発的に増えている主な要因について解説する。また、新興の金融関連企業が、収益性の高いこのセグメントでのシェアを伸ばすために採用している戦略を明らかにする。

はじめに、中小企業向け金融サービス分野でネオバンクが存在感を増してきた背景について解説。このセグメントにおいて既存銀行が抱えていた収益性の課題について論じる。

次に、既存銀行にとって解決が難しかった課題をなぜネオバンクが克服できたのかを、ネオバンクが持つオペレーション上の優位性を明らかにしつつ説明する。

最後に、世界の主要なネオバンク市場と、各地域で先端を走るプレイヤーを紹介する。

本レポートで言及される企業:

Anna, Azlo, BBVA, BlueVine, bunq, Coconut, Judo Bank, Mercury, MYbank, N26, Nubank, OakNorth, Open, Penta, Qonto, Revolut, Starling, Tide

本レポートのキーポイント:

ヨーロッパのフィンテック・ユニコーン企業トップ12(企業価値評価)。

ヨーロッパのフィンテック・ユニコーン企業トップ12(企業価値評価)。

Business Insider Intelligence

  • 世界のほとんどの企業は中小企業に分類される(従業員数50人未満の企業が全体の99%を占める)。これらの企業は、各国の国内経済において大きな役割を果たしている。
  • 銀行にとって「利益確保」と「中小企業が満足できるサービス提供」のバランスが難しく、結果的に中小企業向けのサービスが手薄になっていた。特に金融危機後は、銀行がリスクの高い融資先を減らしたため、ますますこの傾向が顕著となった。
  • 世界で最も成熟したネオバンクのエコシステムはヨーロッパにある。オープンバンキングやPSD2(決済サービス指令)など、新興企業を後押しする規制環境が整っており、金融サービス業への参入障壁が下がったためだ。
  • ヨーロッパに比べ規制の多い北アメリカやラテンアメリカでは、ネオバンクのエコシステムの発達が遅れていたが、状況は変わり始めている。
  • アジア太平洋地域における中小企業向けネオバンクの発展の見通しに関しては、各市場ごとに大きく異なっている。

本レポートの完全版では:

the global smb neobanks report

  • 中小企業向けの金融サービスの現況を分析する。
  • 既存の銀行がこのセグメントに十分なサービスを提供できていない理由を分析しつつ、なぜネオバンクが現状を変えようとしているのかを説明する。
  • ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋地域など各地域で、中小企業向けネオバンクサービスを提供している主なプレイヤーを紹介。機能、ユーザー数、調達総額などについて解説する。
  • 特定の市場で頭角を現し始めている、比較的小規模な事業者にスポットを当てる。
  • 前述の地域において、中小企業専門のネオバンクが採用しているさまざまなビジネスモデルや戦略について説明する。

本レポートの完全版を入手するには:

リサーチストアからレポート完全版をご購入・ダウンロードする。→購入・ダウンロードはこちらから

※購入ページに進みオンライン決済完了後、領収証が発行されます

[原文:THE GLOBAL SMB NEOBANKS REPORT: How 17 upstarts are tailoring solutions to tap the $850 billion annual opportunity in addressing the unmet needs of SMBs

(翻訳・野澤朋代)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み