無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの最低賃金は今頃、時給4900円に? 金融業界のボーナスと同じ比率で伸びていれば…

金融街

Johannes Eisele/Getty Images

  • ニューヨーク州会計監査官のデータによると、ウォール街で働く人々のボーナスは1985年から1217%増えた。
  • 同じ比率で伸びていれば、最低賃金は1時間あたり44ドル(約4900円)になっていた。
  • この賃金格差は、人種間、男女間の賃金格差を悪化させている。なぜなら、金融業界は白人男性が支配しているからだ。

ニューヨーク州会計監査官事務所の最新データによると、新型コロナウイルスのパンデミックがアメリカ経済にもたらした混沌は、ウォール街のトレーダーたちにとって、大きなプラスとなった。

ウォール街の企業は2020年、ニューヨーク市に拠点を置くトレーダーたちに平均18万4000ドル(約2030万円)のボーナスを支払っていて、2019年に比べて10%多かったと、ニューヨーク州のトーマス・ディナポリ(Thomas DiNapoli)会計監査官は3月26日(現地時間)、プレスリリースの中で述べた。

ただ、彼らのボーナスはここ何十年も急増し続けている。ディナポリ会計監査官事務所のデータによると、ウォール街のトレーダーのボーナスは1985年から1217%増えている。そして、これは彼らの収入 —— 2019年は40万6000ドルだった —— のほんの一部に過ぎない。

一方で、アメリカの連邦最低賃金は12年連続で1時間あたり7.25ドル —— 年間1万5080ドル —— で据え置かれている。インフレ調整すると、実際は1985年から11%下がっていることになる。

ウォール街のボーナスと同じ比率で伸びていれば、最低賃金は現在、1時間あたり44.12ドルになっていた。

アメリカの大多数とは異なり、ウォール街にとって2020年は"大成功"だった。これはいかに金融業界がこの国の現実とかけ離れてしまったかを示していると、専門家らは指摘する。

「これは、ウォール街で起きていることと、人々の日々の生活や実体経済で何が起きているかの間に完全な断絶があることを示すもう1つの材料に過ぎません」とInstitute for Policy Studies(IPS)のグローバル・エコノミー・プログラムの責任者サラ・アンダーソン(Sarah Anderson)氏はInsiderに語った。

チャート

ウォール街のボーナスの平均(青線)が大きく伸びる一方で、最低賃金(赤線)はフラットなままだ。

何百万というアメリカ人が依然として仕事を見つけるのに苦労する中、株式市場は数カ月前にパンデミック前のレベルを突破し、増大した市場のボラティリティはウォール街の企業に"記録的な1年"をもたらした —— これにより、銀行幹部の報酬は最高で3300万ドルにのぼったが、その一方で多くの銀行はパンデミックの最中には行わないと約束していた従業員のレイオフを実行した

3月29日のIPSのブログ投稿でアンダーソン氏は、金融業界の規制撤廃がいかに企業に対し、トレーダーの包括賃金をリスクの高い投資慣行 —— 多くの場合、ウォール街にとってのみ利益をもたらす —— とリンクさせることを許したかを強調した。

「ウォール街で最も報酬を得たものの多くは、実体経済にあまり影響を与えず、必要不可欠でない類の取引活動です」とアンダーソン氏はInsiderに語った。そして、2020年のボーナスの大幅増は「主に市場のボラティリティによるもので、経済に多くの価値をプラスしたわけではない彼らには必要ありません」と話した。

2008年の金融危機の後、政治家たちは「不適切なリスク」を伴う包括賃金を禁止するドッド・フランク法を成立させたが、ウォール街のロビイストたちはこの規定の実行を何年も阻止することに成功した。

IPSのレポートは他にも、ウォール街がいかに人種、性別間の賃金格差を悪化させてきたかも分析している。ウォール街が何十年もの間、白人男性を圧倒的に多く従業員として雇ってきた一方で、低賃金の仕事に就いている有色人種の人々や女性があまりにも多いからだ。

「全国的に見て、証券業界の従業員は80.5%が白人、5.8%が黒人、11.5%がアジア系、8.1%がラテン系です。その一方で、時給15ドル以下の仕事に就いている人々のうち、白人が占める割合は55.4%です」とアンダーソン氏は指摘する。

グラフ

男性がウォール街の仕事を独占している。

グラフ

白人がウォール街の報酬の良い仕事を独占している。

新型コロナウイルスのパンデミックをきっかけにアメリカ人がこの国の"不平等"を改めて認識せざるを得なくなる中、ウォール街のリスクを伴う高報酬のビジネスモデルと賃金慣行は、ますます厳しい監視の対象となっている。

「生活に必要不可欠な仕事に従事している人々の賃金はウォール街の人々に比べてこれほどまでに少ないのです。今後は、いかにわたしたちの価値観が歪められているかの本質的な評価につながってほしいと思います」とアンダーソン氏はInsiderに語った。

[原文:The minimum wage would be $44 per hour if it had grown at the same rate as Wall Street bonuses

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み