無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


このままではジェンダーギャップの解消は36年遅れる…パンデミックの影響。世界経済フォーラムが発表

2018年の国際女性デーのデモのために、ロンドンのラッセル・スクウェアに集まった女性。

2018年の国際女性デーのデモのために、ロンドンのラッセル・スクウェアに集まった女性。

Mike Kemp/In Pictures via Getty Images

  • 世界経済フォーラムが、ジェンダーギャップの解消は36年遅れると発表した。
  • 格差解消に必要な時間は、新型コロナウイルスの影響で、100年から136年に延びると試算した。
  • パンデミックで、雇用されていた女性の5%が失業したが、男性は3.9%だった。

新型コロナウイルスのパンデミックのため、世界的なジェンダー平等の達成にはさらに36年かかると、世界経済フォーラム(WEF)が報告書で述べた。

これまでWEFは、2020年の男女賃金格差レポート(2019年12月16日発表)の中で、世界全体の男女の賃金格差の解消にはおよそ100年かかると試算していた。だが今回、この予測を136年まで延長した。

「健康上の危機とそれに関連した経済不況が男性より女性に深刻な影響を及ぼし、これまでに解消されたギャップが部分的に再び広がっていることが、初期段階の根拠から示唆される」と、報告書には記されている。

WEFは、156カ国を対象に、経済的参加度および機会、政治的エンパワーメント、健康と教育に関する世界のジェンダー平等を算出している。

政治でジェンダー平等を実現するには約146年かかり、同じような仕事で男性と女性が同じ給与を得るには268年かかると報告書で述べられている。このデータにはパンデミックの影響が完全に反映されておらず、ギャップはさらに広がる可能性がある。

教育分野でのジェンダー平等は改善されつつあるが、解消までは14年かかるという。健康分野でのギャップも、解消には同程度の時間がかかるとみられる。

WEFの報告書は国際労働機関(ILO)の統計を引用し、パンデミックの間に、被雇用者のうち5%の女性が失業したのに対し、男性は3.9%だったと報告した。さらにリンクトイン(LinkedIn)のデータによると、女性の上級職への登用も減少している。

「指導的立場の女性は依然として不足しており、すべての管理職のうち女性はわずか27%」と、報告書は述べている。

クラウドコンピューティング、エンジニア、データ、AIなどの分野は、これらの職種に就いている女性が少ないことから、ジェンダーギャップが起こりやすいと、指摘されている。WEFのマネージングディレクターを務めるサーディア・ザヒディ(Saadia Zahidi)は、報告書の中で「ロックダウンや急速なデジタル化で打撃を受けたのは、女性が多く雇用されている分野だ」と述べた。

「家庭でのケアを提供するというプレッシャーが加わり、この危機はさまざまな経済や産業で、ジェンダー平等に向けた歩みを妨げた」

ザヒディは、この報告書が各国のジェンダー平等に注力する行動を喚起するものになること期待していると述べた。

アメリカ労働統計局(BLS)のデータによると、16歳以上のフルタイムで働く男性の週平均賃金は408ドルだが、女性は251ドルで、男性の61.5%でしかなかったが、2020年第3四半期には、81.7%まで増加した。

アメリカにおける賃金のジェンダーギャップは、州や市、人種によって大きく異なり、特に黒人女性とヒスパニック系女性は非ヒスパニック系白人男性の収入と比較して最も大きな賃金格差に直面していると、Insiderは2021年3月に報じている

[原文:Closing the global gender gap will take an extra 36 years due to the impact of the pandemic, the World Economic Forum said

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ダンピエール・アン・ビュリーの原子力発電所

脱炭素の潮流のなか「原発返り」推進するフランス・マクロン大統領の思惑…COP26が10/31開催

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Oct. 26, 2021, 11:00 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み