アメリカの日雇い労働者に教えられた仕事観。組織に頼らない「自律型キャリア」の鍛え方【田中研之輔】

仕事は与えられるのではなく、自ら創り出すものだ

「仕事は与えられるものではなく、自ら創り出すものだ」——これは私が仕事をするうえで特に大切にしている価値観です。このような価値観を形成したのは、アメリカでの2年間の生活でした。

2006年から2008年までの2年間、私はUCバークレーの客員研究員として研究に従事していました。世界中から研究者が集まる世界屈指の研究機関です。

大学院生たちが利用する院生室のデスクを使うこともできたのですが、私が利用することはありませんでした。大学のキャンパスに身を置く時間があるなら、アメリカ社会を少しでも知りたいという思いが強かったからです。

研究会や大学院セミナー、受入教授との研究プロジェクトなどに参加する以外、私はずっと路上にいました。メキシコ、グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドルなどの南米諸国から、アメリカ国境を渡ってやってきた労働者たちと一緒に、路上で仕事を待っていたのです。

仕事を待つ日雇い労働者たち

仕事の声がかかることを期待して早朝から路上で待つヒスパニック系の日雇い労働者たち(2008年、アリゾナ州)。

Chris Hondros/Getty Images

そこは日雇い労働の現場です。彼らは組織に属することもできないため、自ら仕事を創り出すしかありません。塗装、板金、引っ越し手伝い、清掃、排水管工事などなど、ありとあらゆる仕事でその日の稼ぎを生み出していくのです(その日々については、『ルポ 不法移民——アメリカ国境を越えた男たち』にまとめました。関心のある方は読んでみてください)。

私の中で、日雇い労働をした2年間と、いま大学教員や企業顧問として働いていることは無関係ではありません。分断された異世界の経験ではなく、連続した同世界の経験だと言えます。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み