ワクチン接種率は英国46%、日本1%以下。世界のワクチン接種と感染状況の「今」…最新16データで知る

ワクチン

がん・感染症センター都立駒込病院で実施された医療従事者向けのワクチン接種の様子。(3月5日撮影)

Yoshikazu Tsuno/Pool via REUTERS

3月21日に関東1都3県に対する2度目の緊急事態宣言が完全に解除されて以降、国内ではふたたび新型コロナウイルスの流行が拡大するフェーズに入っている。とくに感染が拡大している宮城県、大阪府、兵庫県には、4月5日から5月5日までの31日間「まん延防止等重点措置」が実施される。

東京都をはじめとした重点措置の対象外となった地域でも、状況は芳しくない。全国的に、「日々確認される陽性者数が増加」しているのが現状だ。

これまで、日本で陽性が確認された累計感染者数は約48万人。うち9000人以上が死亡している。爆発的に感染が拡大した欧米と比べると、感染者数や死亡者数が少ないのは事実だが、医療の状況が厳しいことには変わりはない。

唯一の光明は、徐々にではあるもののワクチンの接種が進んでいるということ。

厚生労働省の発表によると、4月2日段階ですでに国内で90万人以上の医療従事者が1度目のワクチン接種を終えている。4月12日からは、一部の市町村で高齢者への接種も始まろうとしている。

国内でもいよいよワクチンの接種が動き出した今、公的データをもとに世界のワクチンの接種状況と感染状況をあらためて確認しよう。

世界のワクチン接種状況

世界の感染者は1億2000万人を超えている。

世界の感染状況

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。WHOの6つの地域区分のどこにも含まれない地域でも感染者が確認されているため、総感染者数が各地域の感染者数の総和とわずかにずれている点に注意。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。


総感染者数で見るとアメリカが最も多かったが、直近ではヨーロッパの感染拡大ペースが早い。アメリカ大陸では直近の死亡者数が多い。

世界状況

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。


2021年2月半ば頃を境に、世界ではヨーロッパを中心に感染が拡大するフェーズに入っている。

感染状況の変化

出典:WHO Coronavirus (COVID-19) Dashboard


ヨーロッパで直近7日間の感染者数が多い国を順に並べた。現在最も感染が拡大しているのはフランス。

ヨーロッパ

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。

ヨーロッパではイギリスのワクチン接種率が最も高い。4月3日の段階で、1度でもワクチンを接種した人の割合は約46%。

ヨーロッパのワクチンの接種率

色が濃いほど、ワクチンの接種率が高い。

出典:Our World In Data


アメリカ大陸では相変わらずブラジル、アメリカで感染者が多い。

アメリカ

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。


アメリカでは2020年の年末にかけて1週間あたりの感染者が100万人を超えていた。2021年になり感染者数が減少し、現状は下げ止まりの状況。

アメリカの感染状況

出典:WHO Coronavirus (COVID-19) Dashboard


アメリカでは1度以上ワクチンを接種した人は30%を超えている。日本は4月2日の段階で0.76%。

ワクチングラフ

出典:Our World In Data



1度以上ワクチンを接種した割合が60%を超えているイスラエルは、2度ワクチンを接種した割合も50%を超えている。

ワクチン接種率

出典:Our World In Data


イスラエルでワクチンの接種が始まったのは1月。ロックダウンもあったため、必ずしもワクチンだけの効果で感染者が減少したとは言い切れないが、この先の感染者数の推移に注目したい。

感染者数

ワクチンの接種率のグラフとは横軸が揃っていないことに注意。

出典:Our World In Data


東南アジア地域ではインドの感染者が突出して多い。

アジア

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。


インドは現在感染の拡大フェーズ。ワクチンの接種回数は6000万回を超えているが、アメリカの約4倍となる約14億人の人口がいるため、集団免疫を獲得するにはまだ時間がかかりそうだ。

インド

出典:WHO Coronavirus (COVID-19) Dashboard

ワクチン接種回数

インドでは2月末ごろからワクチンを供給する勢いが加速している。ただし、このペースでも夏までに3億人に接種するという目標には間に合わない。

出典:Our World In Data


東地中海地域ではイランでの感染者、死亡者数が多い。

東地中海

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。

アフリカでは南アフリカの感染者数が突出しているが、直近ではエチオピアでの感染が急激に拡大している。

アフリカ

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。

西太平洋ではフィリピンに次いで日本の感染者数が多い。

西太平洋

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。

西太平洋地区で限れば、日本は1週間あたりの死亡者数が最も多い。

死亡者数

3月30日付けのWHOのSituation reportsのデータを参照。

出典:Flourishを用いて編集部が作成。


(文・三ツ村崇志

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BI PRIME

中国進出25年で初の営業黒字、ローソンがファミマを抜いた「てこ入れ」策

インサイド・チャイナ

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み