無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


テスラのテキサス工場建設は失敗に終わると言える理由。GMやフォードとの対決より中国事業を強化すべき

prime_tesla_texas_governor

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO、右)とテキサス州のグレッグ・アボット知事。

Gov. Abbott via Facebook

イーロン・マスクはテキサス州をテスラとスペースXの成長拠点にしようと考えているようだ。

スペースXはすでに同州最南端キャメロン郡のボカチカ地区に足がかりを築き、「スターベース(Starbase)」に改称した上で、将来実現する火星ミッションの“テキサス版ケープ・ケネディ”(=米航空宇宙局[NASA]のロケット発射基地があるフロリダ州ケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターになぞらえた造語)にしようとしている。

3月下旬、マスクはツイッターを通じて「テキサス州のスターベースあるいはブラウンズビル都市圏/サウスパドレ島への移住を考えてみませんか?友だちにも声をかけてもらえたら!」などと呼びかけた。

テスラにとっていま最大の関心事は、テキサス州での新工場設立だ。

主力のセダン「モデル3」やクロスオーバー多目的スポーツ車(SUV)「モデルY」、これから市場投入予定のピックアップ「サイバートラック」に加え、待望の「セミ」(初期段階のモデルはネバダ州のギガファクトリーで製造予定)もおそらくこの新工場でつくられることになる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み