無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


みずほ銀行は日立に損害賠償を求めるか? 全ては「SLA」次第、経産省ガイドラインを見てみると…

みずほFGは4月5日、みずほ銀行で発生した一連システム障害に関する中間報告を発表した。

みずほFGは4月5日、みずほ銀行で発生した一連システム障害に関する中間報告を発表した。

REUTERS/Kim Kyung Hoon, Business Insider Japan/吉川慧

みずほフィナンシャルグループ(FG)は4月5日、子会社の「みずほ銀行」で相次いだシステム障害の原因究明や対応策に関する記者会見を開きました。

みずほFGの坂井辰史社長は「中間報告」と位置付け、改めて一連の障害を陳謝。15枚のスライド資料で現在までに判明している原因や再発防止策について説明しました。

2月からおよそ2週間で4回発生した一連のトラブルについて、坂井社長は「全責任はみずほにある」と強調しました。

ただし、4回目のトラブルにあたる3月12日の障害については、直接の原因となった故障したディスク装置のベンダーが日立製作所であると初めて公表しました。

みずほ側は「(日立側で)早期サービス復旧手順並びに実施体制が確立されておらず」不備があったと説明。

坂井社長は「契約に則って(日立側に)しかるべきタイミングで対処していく」と延べ、損害賠償を請求する可能性を示唆しました。

「4回目の障害」…3/12事案が過去3回と少し違う事情

みずほ銀行のシステム構成(全体図)。1〜4は、2月以降に発生した4回のトラブル発生箇所を示している。

みずほ銀行のシステム構成(全体図)。1〜4は、2月以降に発生した4回のトラブル発生箇所を示している。

出典:みずほフィナンシャルグループ

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み