無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ワクチン接種券、3秒で読み取り。「接種記録システム」の全貌…4月12日に一般向け接種開始

記録システム

ワクチン接種記録システムは、2021年1月に立ち上がったプロジェクトによって準備された。

撮影:三ツ村崇志

4月6日、政府が開発していたワクチンの接種状況を管理する記録システム(VRS)が完成したとして、報道陣向けに公開された。

ワクチンの一般向け(高齢者向け)接種は、早い自治体では4月12日から始まる。

政府は自治体向けに記録システムのみが導入されている専用タブレット約3万台を配布。集団接種を実施する会場や個別の医療機関で、ワクチンの接種状況をリアルタイムで把握するために活用される。

なお、政府が調達しているタブレット端末数は2021年3月末までに4万1000台。6月末までには更に追加で1万台調達する見込みで、今後ワクチン接種を実施できる医療機関などが増えた際に追加で配布していくことになる。

「入力の負担を少なくして欲しい」

接種券

早い自治体では、4月12日からの接種に向けて、接種券が送られている。

撮影:三ツ村崇志

現在日本で承認が済んでいるワクチンはファイザー社製のmRNAワクチンのみ。モデルナ社やアストラゼネカ社のワクチンも承認申請が済んでおり、いずれは複数のワクチンを短期間に接種していくことになるだろう。

副反応の正確な把握や、2度目の接種で誤って別のワクチンを接種しないようにするためにも、デジタル上でいつ、誰が、どのメーカのどのロットのワクチンを接種したのかを記録しておくシステムが求められていた。

今回開発されたシステムでは、接種券番号とマイナンバーや氏名、生年月日などの個人情報が紐付いたデータベースを活用する。現在、各自治体が住民基本台帳や予防接種台帳から、データの抽出作業を行っている段階だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み