無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ゴールドマン・サックスがテスラとの関係構築を急ぐ理由。自動車テックの部門横断社内ベンチャーも設立

ゴールドマン・サックス 電気自動車

ゴールドマン・サックスは、特別買収目的会社(SPAC)を使った上場が相次ぐ電気自動車市場にビジネスチャンスを見出そうとしている。

Chris Hondros/Getty Images

米金融大手ゴールドマン・サックスが、新規株式公開(IPO)の引受業務や合併・買収(M&A)案件が増えつつある自動車産業にチャンスを見出そうとしている。

電気自動車や自動運転、コネクティビティ関連のソフトウェアやオンライン販売へのシフトが加速し、自動車ビジネスはその姿を大きく変えようとしている。スタートアップにとって敷居が高いことで知られていた産業分野だが、新興企業にもビジネス参入の余地が生まれてきている。

「(フォード創業者の)ヘンリー・フォードがライン生産方式による大量生産を始めたとき、あるいは蒸気機関が内燃機関に置き換わったときは、まさにこんな感じだったのではないか。いまは当時にかなり近い状況だと感じている」

そう語るのは、ゴールドマン・サックスに新設された自動車テクノロジー担当チームを率いるファウスト・モナチェリだ。

ゴールドマン・サックスはすでに自動車産業の革命的発展をリードするテスラとの関係構築を企図し、ここ数年は株式や債券の発行を通じて協業を深めてきた

そして現在では、自動車テクノロジーに目を光らせているゴールドマン・サックス社内の工業、テクノロジー、メディア、通信など他産業担当のチームをまとめてジョイントベンチャーを設立し、テスラの競合にまでビジネスパートナーを広げようとしている

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

karakama_germany_2109_posters

メルケル独首相の後継レースは大混戦。ドイツ総選挙、いよいよ日曜日に投票迫る

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Sep. 24, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み