アメリカでは3600人以上の医療従事者がパンデミック1年目に死亡していた —— 最新調査

看護師

Thomas Lohnes/Getty Images

  • アメリカでは、新型コロナウイルスのパンデミック1年目に医療従事者3607人が死亡したことが、1年に及ぶ調査で分かった。
  • 医療従事者の死者数に関する連邦政府の公式なリストは存在せず、感染症の専門家でアメリカ国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長アンソニー・ファウチ博士は、リストはあってしかるべきだと話している。
  • 今回の調査では、給料の安い労働者の方が死亡する可能性が高く、防護具(PPE)の不足が死者数を増やしたことも分かった。

アメリカでは、新型コロナウイルスのパンデミック1年目に3600人以上の医療従事者が死亡したことが、1年に及ぶ調査で分かった。

調査を実施したガーディアンとカイザー・ヘルス・ニュースは、2021年4月の時点でこれまでに3607人の医療従事者が死亡し、その多くは適切なPPEがあれば回避することができたとしている。

また、コロナ禍では非白人の医療従事者、給料の安い労働者の方が死亡する可能性が高かったことも分かった。

医療従事者の死者数に関する連邦政府の公式なリストは存在しない。

感染症の専門家でアメリカ国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長アンソニー・ファウチ博士は、どこかの時点で連邦政府はこうしたリストを作るべきだと考えていると、ガーディアンに語った

「わたしたちは正確な死者数をきちんと把握したい」

ファウチ博士は、PPEの不足によって医療従事者の死者数が増えたとも話している。

[原文:More than 3,600 US health workers died in the first year of the pandemic, a yearlong investigation found, as there's no official list

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み