無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


メルカリがマイナンバーカードで「本人確認」を始めた理由…メルペイCTOに聞くセキュリティー

メルカリ 本人確認

メルカリはスマホを使った本人確認(eKYC)の手段と1つとして、マイナンバーカードの公的個人認証サービス(JPKI)を利用を開始した。

撮影:小林優多郎

ドコモ口座・ゆうちょ問題などで不正利用が相次いだことで、決済サービスにおける本人確認が強化が進んでいる。これまで、そういったサービスでは銀行口座を登録することで本人確認を代用していたが、決済サービス自身が本人確認を実施する流れになった。

犯罪収益移転防止法における本人確認手段には、スマートフォンを使って本人確認できる「eKYC」も規定されており、その採用例が増加している。

そうした中、メルペイは新たに「マイナンバーカードの読み取りだけ」で本人確認が完了するまだ珍しいタイプのeKYCの仕組みを3月2日に導入した(Android向けには3月下旬に導入完了)。

マイナンバーカードを利用したeKYC導入の背景やメルペイのセキュリティーに関する考え方について、同社CTO(Chief Technology Officer)の曾川景介氏に話を聞いた。

マイナンバーカードさえあれば“自撮り&書類撮影”不要

メルカリアプリ

メルカリアプリでの本人確認方法。

画像:編集部によるスクリーンショット。

一般的なeKYCは、運転免許証などの本人確認書類を、角度などを変えて撮影し、自分の顔写真を撮影して送信。受信した決済サービス側がその2つを照合して本人かどうかを確認するという手法だ。

これに対し、メルペイが新たに採用したものは、スマホのNFCリーダー部にマイナンバーカードをかざすだけで本人確認の手続きができる。「本人確認書類の撮影」も「自撮り」も不要だ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み