EV車載電池需要に沸くリチウム業界。テスラと大型契約のべンチャーが「アメリカでの採掘」にこだわる理由

prime_piedmont_lithium_top

電気自動車(EV)向け車載電池の原料として注目されるリチウム。その採掘現場でイノベーションが起きようとしている。

出所:Piedmont Lithium 'LITHIUM–MADE IN THE USA' (November2020)

来たるべき電気自動車(EV)シフトに備え、自動車メーカー各社が手ごろな原料の確保に動くなか、電池市場とそのサプライチェーンでの競争が激化している。

最も熱い視線を浴びているのがリチウムだ。EV向け車載電池の主原料となる金属だが、採掘には危険が伴う上に、環境にも悪影響をおよぼすなど、いろいろと問題が多い。

チリやアルゼンチン、オーストラリアなど世界のリチウム資源が集中する国々での採掘は、社会経済的にネガティブな影響をもたらす

さらに、採掘プロセスにはきわめて大きなコストがかかる。鉱区と電池メーカーの製造拠点が海を隔てて離れている場合はなおさらだ。

そうした状況なので、既存の企業やスタートアップから、リチウムの採掘・使用・再利用に関する新たな手法が次々と生み出されていることに特段の驚きはない。

リチウム産業をカバーするコンサルタントで、米ゼネラル・モーターズ(GM)の研究開発責任者を務めたローレンス・バーンズはこう指摘する。

「採掘分野ではこれから大きなイノベーションが起こるだろう。世のなかに需要があり、エンジニアがその需要を満たす機会を見い出せば、爆発的なイノベーションは起きる。いままさにEV向けの電池需要が沸き起こり、それを満たすためにリチウム採掘の周辺でそうしたイノベーションが起きようとしている」

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み