無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ジャック・マー「AI社会には知識より知恵と体験が重要」。母校で後輩たちに語った「教育」の重み【新連載】

ジャック・マーの言葉

VCG/VCG via Getty Images

古今東西、時代を問わず「学歴」は人の心をざわつかせる物差しだ。「学歴で人の価値は測れない」と多くの人が言うが、現実には有名大学に合格すること、あるいは子どもを有名大学に合格することが、社会において小さくない価値になっているからこそ、人は学歴を巡る価値観に揺れる。

中国は日本とは比べ物にならないほど学歴社会だ。著名企業は採用において公然と学歴フィルタリングで差別し、欧米や日本の有名大学・大学院は“箔”を求める中国人の受け皿にもなっている。

中国最大のIT企業、アリババの創業者であるジャック・マー(馬雲)氏が経営者の枠を超えて若者に支持されてきたのは、雑草そのものと言える生い立ち——彼は裕福でない家庭に育ち、二浪して無名の教育大学に進学した——と、いくつもの「無」を乗り越えて巨大な市場と企業をつくりあげてきた不屈の精神力、そして深い洞察を言語化し発信する能力ゆえだろう。

マー氏は2018年5月、母校である杭州師範大学の設立110周年式典に登壇し、教育大学で学んだ4年間と、その後の6年にわたる教師生活を振り返りながら、教師という職業の素晴らしさと、世間的には二流、三流と見なされる同大学で学ぶ意義について、後輩たちに語りかけた。その全文を紹介する。


来賓の皆さん、大学の先生、学生、そして卒業生の皆さん、こんにちは。今日は感謝を捧げる日です。母の日であり、かつ母校の創立記念日です。皆、お母さんに感謝していることでしょうが、私たちは母校と先生方にも十分感謝しましょう。いつも学校を訪れるのは特別な喜びです。ほかでは得られない感慨があります。まず、私たちの母校の110歳の誕生日を祝いましょう。

(私が卒業して)30年以上が経ち、杭州は大都市になりました。その間に、私と母校との距離は意外にも近くなりました。私の執務室は杭州師範大学から1、2キロの距離にあり、振り返って見れば、自分がどこから“生まれた”か思い出せます。自分が何者か、忘れることはありません。数日前の夜も杭州師範大学に来ました。実際、キャンパスにはよく来ています。夜はとても静かで、学びの雰囲気に満ちています。素晴らしい校風を感じ、まじめに勉強している女子学生を見て嬉しくなります。

杭州師範大学

ジャック・マーが学んだ杭州師範大学。1908年に設立され、何度かの改称や統合を経て、医学系学部を持つ総合大学になった。

AN_PHOTOWORKS / Shutterstock.com

私から見て、杭州師範大学は世界で最も良い大学です(拍手)。他に並ぶ存在はありません。他の大学でスピーチするとき、例えば北京大学、清華大学を卒業する学生には、私は「杭州師範大学のような何てことないように見える大学を、素晴らしい大学ときちんと評価しましょう」と言います。そして杭州師範大学出身の皆さんには、自分自身を高く評価してほしいです。

私たちには多くの、大きなチャンスがありますが、杭州師範大学が創造してきた独自の価値が十分に発揮できているとは言えません。私はこの大学で非常に楽しい4年間を過ごしました。人生で最も重要な青春の日々でした。この4年を決して忘れることはないでしょう。

企業のCEOは“最高教育責任者(Chief Education Officer)”だ

私が大学入試に3回挑んだのは皆さんご存じでしょう。2年続けて失敗し、3年目に何とか杭州師範大学に滑り込みました。杭州師範大学が私にこの機会をくれたことに感謝しています。大学は、私に最初の居場所を与えてくれました。なぜそれを失敗、あるいは挫折と言えるでしょうか。私はいつも「成功した失敗者」であり続けています。

杭州師範大学が私にくれた2つ目の素晴らしいもの、それは私を教師に育ててくれたことです。私はCEOをやったことも、どうやるかも学んだことがありません。私は教師を務めるように、CEOを務めてきました。私はCEOとはChief “Education” Officer、つまり、最高“教育”責任者だと考えています。だから私は杭州師範大学で学んだ教師としての仕事のやり方、そして実際に教師として経験したことを、事業でも活用しました。

教師は非常に素晴らしい職業で、最も偉大な職業です。教師の仕事の唯一の目標は、教え子をあなたより強く、あなたより良くすることです。すべてにおいて自分より優秀な人間に育ててください。自分の教え子が破産したり、事故を起こすことを望む教師はいません。私たちは皆、教え子が自分よりも物事に適切に対処できるようになることを望んでいます。

CEOがほかの人の思いを実現するために事を行わないなら、自分を助けることが従業員、顧客、パートナーの成功を助けることにつながりません。このような企業はきっと成功できないでしょう。アリババの幹部には教師出身者が多くいます。

教師は理想主義っぽいところがありますが、まさにこの理想主義がアリババを形成し、他の企業とは違う存在にしています。4年杭州師範大学で学び、6年教師をやりました。この10年が今の私をつくっています。教育大学の学生だったという記憶は、一生自分からなくならないでしょう。教師になれたことは、私にとって生涯最大の幸福です。

マー語録

私は教師をやめたことはないと思っています。今はあまり時間がないですが、時間が取れれば喜んで大学に行き、いろいろと分かち合いたいです。私はおしゃべりと思われていますが、これも教師の職業病です。この職業病は誇りですが。

私はずっと、いつか学校に戻りたいと思っていました。教師という職業に就くために教師になるのではなく、未来のために教師になりたいです。何を言いたいかと言うと、私は教育が大きく変化すると、強く意識するようになりました。この機会を借りて、母校に提言をさせてください。新たに到来する技術革新の時代についての議論です。

AI社会では「知識」より「知恵」「体験」が重要

多くの人がいろいろなこと、とりわけ就職について心配しています。しかし、私たちが最も心配しなければならない最大の課題は、教育の変革です。

今後30年の技術革命は、社会改革の鍵となります。そして今、世界の一流大学は、未来の社会でどんな人材が求められるかを考えています。そうしないと、そこで教えている学生の多くが仕事にありつけないという厄介な事態になるからです。どの学校も自分たちの教育のあり方について考える必要があります。

これまでの社会は知識駆動型でしたが、これからは知恵と体験が重要になります。これまでは製造が中心でしたが、将来は創造が中心になります。これまでは標準化、大規模化を追求していましたが、これからはパーソナライズ化、差別化を追求するようになります。

これまで、私たちは人をロボットにしていましたが、これから、私たちはロボットを人にするかもしれない。ロボットは人より賢くて力が強く、休息を欲せず、怖がることも怒ることもありません。ただし、ロボットは人類が持つ知恵を永遠に手にできないでしょう。

データの時代、ロボットはさらにロボットらしく、人はさらに人間らしくなれます。人はロボットと競争するべきではありません。どちらがすごいか、どちらが速く走るか、どちらが知恵があるか。人はロボットと囲碁をするべきではありません。囲碁は人のために設計されたもので、人とロボットを比較するツールではありません。

だから私は、未来は知識の競争ではなく、創造力、想像力、知恵、体験の競争だと考えています。リーダーが担うべき責任の競争、そして自立した思考の競争でもあります。未来の教育は知識だけを重視してはいけません。

マー語録

「教」と「育」は違います。「教」は知識で、「育」は文化です。「学」と「習」も2つの概念があります。「学」は知識、「習」は知識を試すことであり、挫折を経験することでもあります。“習”は一種の想像力であり、カルチャーです。挫折も想像力、カルチャーを育みます。「教」と「学」は知識の面から、「育」と「習」はカルチャーの面から教育を支えています。

ロボットはチップに過ぎず、人類には偉大な心と愛があります。未来と向き合う子どものIQ、EQ以外に、慈しむ心も育てないといけません。そうすることで、子どもたちがロボットに仕事を取られることも、変革の中で淘汰されることもなくなるでしょう。

未来の教育の使命は、高い点数を取れる子どもを育てることであるはずがありません。勉強ロボットを育てることでもありません。工場でモノをつくるように、子どもを育成してはいけません。私たちは子どもに能力を最大限に発揮させ、正真正銘の人間に育てなければなりません。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み