無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの主要航空会社、中央席を空ける措置を廃止…CDCの提言は古いデータによるもの

アメリカ疾病予防管理センター

アメリカ疾病予防管理センター

Tami Chappell/Reuters

  • アメリカ疾病予防管理センターは、飛行機の中央席を空席にすることを推奨しているが、航空会社がそれに応じることはなさそうだ。
  • マスク着用ポリシーとHEPAフィルターの使用により、機内での新型コロナウイルスへの感染は大幅に減少した。
  • 航空会社は、飛行機の定員数通り、夏季の航空券の販売を始めている。

アメリカ疾病対策予防センター(CDC)は2017年のデータを新たに分析した報告書で、飛行機の中央席を空席にすると、新型コロナウイルスの感染を今以上に抑えられるとしている。だが、航空会社はそれに納得していない。

アメリカの主要航空会社は、マスク着用やHEPAフィルター(高効率エアフィルター)の使用といった対策に効果があると確信しており、以前行っていたような中央席を空席にする措置を取らなくなってきている。初めからこの措置を取らず、今後も行わない航空会社もある。デルタ航空(Delta Air Lines)はこの措置を続けてきた最後の航空会社だが、それも5月1日で終了する。

中央席を空席にしなくなった理由は、飛行機を満席にして収益を高めたいという航空会社の望みを超えたところにあった。

デルタ航空、アメリカン航空(American Airlines)、ユナイテッド航空(United Airlines)など、アメリカの主要航空会社の多くが所属する団体、エアラインズ・フォー・アメリカ(Airlines for America)は、「複数の科学的研究によって防護措置がリスクを大幅に低減することが確認されており、航空機内での感染リスクは非常に低いことが証明されている」とInsiderへのコメントで述べている。

航空会社は、機内での感染を防ぎながら、乗客に戻ってきてもらうという難しい舵取りを迫られている。もし機内で感染が起きた場合、航空業界は2020年3月の状態に逆戻りし、大量のキャンセルとともに数十億ドル規模の損失が発生するだろう。

民間航空会社のフライトでは、約1年前からマスクの着用が義務付けられている。大規模な感染が起きていたとしたら、大きな注目を集め、調査が行われたはずだ。(CDCが根拠とした)2017年の調査では、航空会社が行っている対策は考慮されていないと、業界アナリストでAtmosphere Research Groupの共同設立者であるヘンリー・ハートベルト(Henry Harteveldt)は指摘する。

彼は発表されたばかりのCDCの報告書について、「これは何カ月も前のデータであり、この研究が最初に行われた後に航空輸送業界が実施した措置による多くの変化が見落されている」と述べた。この研究では、マスクを装着していないマネキンを使って実験室でテストが行われた。

一方、アメリカ国防総省(DOD)やハーバード大学公衆衛生大学院が行った最近の研究では、実験の際に民間機(DODはユナイテッド航空と連携)を利用したり、マネキンにはマスクを装着させるなどして、パンデミックの状況をより正確に再現している。

だが、いずれの研究も完璧ではないとハートベルトは指摘する。ハーバード大学の場合は産業界が出資している。一方DODの研究は信頼性が高いとはいえ、実験にはワイドボディ機しか使用していない。しかし、ハートベルトによるとナローボディ機でも同等のろ過システムを備えているので、特に憂慮すべきことではないという。

再び中央席を空けなければならなくなった場合、夏に向けて満席になるように航空券を売り始めた航空会社は大打撃を受けることになるだろう。

ハートベルトは、「もし今、乗客に『中央席を空けなくてはならないので、予約を取り直す必要がある』と伝えたら、多くの人が怒り出すだろう」と述べ、もしそれが法律化されたら、航空会社は政府に補償を要求する可能性があると指摘した。

旅行者は、価格が適切であれば、席を空けようが空けまいがどの航空会社でも利用すると幾度となくその行動で示してきた。アメリカン航空とユナイテッド航空はパンデミックが発生した最初の夏、チケット販売に苦労することはなかった。Insiderは2020年6月にいくつもの便が満席になっていたのを確認している。

「消費者は、予算以内で手に入る航空券で行けるところに行ったまでだ」とハートベルトは言う。

「そしてこれは、ワクチンが入手可能になる前のことであり、マスクの着用が政府によって義務づけられる前のことだ」

デルタ航空は5月1日に中央席を空席にする措置を終了する予定であり、そうなるとアメリカにおける主要航空会社11社の中でその措置を実施する会社はなくなる。また、航空会社だけでなく、アムトラック(Amtrak)やメガバス(Megabus)も空席を設ける措置の廃止を発表している。

飛行機が満席になる日が再び訪れ、その状態は続くだろう。

[原文:Why every major US airline will ignore the CDC's new suggestion to block middle seats

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み