無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「バルカン半島のイーロン・マスク」巨大本社キャンパス建設へ。EVスーパーカー発売開始も間近

3LHD_285_Campus_R_model_render_by_3LHD_04

クロアチアの首都ザグレブから16キロほどの距離に建設されるリマック・オートモビリ(Rimac Automobili)の新キャンパス。

Rimac Automobili

クロアチアの新興自動車メーカー、リマック・オートモビリ(Rimac Automobili)のビジネスは順風満帆のようだ。

しばしば「バルカン半島版イーロン・マスク」と呼ばれる創業者のメイト・リマックは現在33歳。2009年、弱冠21歳で同社を設立し、電気自動車(EV)スーパーカーの自社開発を進めつつ、他の完成車メーカーに電動コンポーネントの供給を手がけている。

prime_rimac_plant_one

リマック・オートモビリが開発中(2021年発売予定)の電気自動車(EV)スーパーカー「C_Two(シー・トゥー)」。

Rimac Automobili

グローバル規模でEVシフトが加速し、関連業界に否が応でも注目が集まるなか、リマック・オートモビリは4月12日(現地時間)、クロアチアの首都ザグレブ近郊に本社キャンパスを新設する計画を発表した。

「2013年から構想8年、ついに母国クロアチアに拠点を建設する日が来た」と創業者兼最高経営責任者(CEO)のリマックは語気を強める。

新キャンパスは現在の本社からわずか数キロ、敷地は20万平方メートル。完成後に敷地の大半を占めるのは六角形の工場。隣接するいんげん豆のような形の巨大オフィス棟には将来、2500人以上の従業員が勤務することになる。

現在、従業員は約1000人。工場と研究開発センターはこんな感じ。

prime_rimac_plant_employee

Rimac Automobili

2013年に本社建設を構想。リマックCEO自身が設計事務所などと議論を重ねてきた。

MateRimac_Campus3

右がメイト・リマック最高経営責任者(CEO)。

Rimac Automobili

そして、2023年完成を目指す新本社キャンパスのイメージが完成した。

3LHD_285_Campus_R_model_render_by_3LHD_02

奥の六角形が研究開発・生産棟。手前がオフィス棟。

Rimac Automobili

夜はおそらくこんな幻想的な光景に。

3LHD_285_Campus_R_nightmode_render_by_3LHD_06

Rimac Automobili

オフィス棟の外観。キャンパス内の道路には紅白のゼブラマーク(試験走行に使用)。

3LHD_285_Campus_R_night_ride_render_by_3LHD_11

Rimac Automobili

オフィス棟内のアトリウム。

3LHD_285_Campus_R_atrium_render_by_3LHD_12

Rimac Automobili

研究開発・生産棟の内部。VRスタジオなども完備し、1100人のエンジニアらが集う予定。

3LHD_285_Campus_R_assembly_line_render_by_3LHD_16

Rimac Automobili

キャンパス内の3割以上は牧草地や農地。動物たちが休憩室を覗く癒やしの風景。

3LHD_285_Campus_R_restaurant_render_by_3LHD_14

Rimac Automobili

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み