無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ワクチン接種後、1年以内に"ブースター"が必要になるだろう —— ファイザーCEOが語る

ファイザー/ビオンテックのワクチン

Jessica Hill/AP Photo

  • 新型コロナウイルスのワクチンを接種した後、1年以内にブースター(追加免疫)のワクチン接種が必要になりそうだと、ファイザーのCEOアルバート・ブーラ氏が語った。
  • CNBCの取材に応えたブーラ氏の発言は4月15日(現地時間)に報じられた。
  • ブーラ氏を含め、多くの専門家が新型コロナウイルスのワクチン接種は年1回のルーティンになるだろうと考えている。

ファイザーのCEOアルバート・ブーラ氏は、新型コロナウイルスのワクチンを接種した後、1年以内にブースターのワクチン接種が必要になりそうだと語った —— 早ければ12月にも再び必要になるということだ。

「ウイルスの影響を受けやすい人たちの感染を抑制することが非常に重要だ」とブーラ氏は4月1日、CNBCの取材に語った

感染力の強い変異株との戦いにおいては、ブースターのワクチン接種が重要なツールになるだろうとブーラ氏は付け加えた。同氏の発言は4月15日に報じられた。

新型コロナウイルス感染症は恐らく消えてなくなることはない。そのため、ワクチンの製造会社は新しい変異株と戦ったり、既存のワクチンが効かなくなった時のためのブースターの開発を急いでいる。

アップデートされたファイザーの後期臨床試験の結果は、同社のワクチン接種を受けた人たちが接種後、少なくとも6カ月は有効性が維持されたことを示している。モデルナのワクチンも6カ月後に高い有効性があることが分かっているが、研究者らにもまだ具体的にどのくらいの期間、この免疫が持続するかは分かっていない。

ブーラ氏を含め、多くの専門家が新型コロナウイルスのワクチン接種は、インフルエンザの予防接種と同じく、年1回のルーティンになるだろうと考えている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み