PwC「世界CEO意識調査」にあらわれた、コロナ景気回復への見通し…印象的な5枚のスライド

ceo0001

Shutterstock

コンサルティングファームのPwCが第24回となる「世界CEO意識調査」の日本語版を公開した。同調査は2021年の1〜2月に世界100の国・地域のCEO5050人にインタビューし、そのうち各国の名目GDPに占める割合に応じて絞り込まれた1779人のCEOの意見をサンプルとして反映させたものだ。

今後12カ月のうちに世界の経済成長が「改善する」と答えたCEOは、前回の22%から大幅に上昇し、全体の76%になっている。

前回の第23回レポートの調査実施がコロナ直前の2019年9〜10月だったことを踏まえる必要があるが、世界の経営者が1年先の経済的な見通しをどう見ているのかを感じられる、貴重な調査になっている。

印象的な調査結果をスライドとともに紹介する。

76%のCEOが世界の経済成長が「改善する」と回答。一方「減速する」との回答はわずか14%だった

CEO01

第24回世界CEO意識調査


今後12カ月の見通しに対して、世界のCEOは自信を回復している

CEO02

第24回世界CEO意識調査


ワクチン接種が進む北米と欧州のCEOにとっての「潜在的な脅威」は、パンデミックよりもサイバー攻撃へと注目が向いている

CEO03

アメリカのワクチン接種は12月14日から始まり、現在も急ピッチで進んでいる。米欧の調査結果は、そうした意識の変化があらわれた結果ではないだろうか。

第24回世界CEO意識調査


約半数がデジタル投資を10%以上、約3割がコスト効率やサイバーセキュリティーへの投資を10%以上増やすと回答

CEO04

「広告およびブランド構築」への投資を10%以上増やすとの回答は9%にとどまった。

第24回世界CEO意識調査


米中対立が高まるなか、中国のCEOとアメリカのCEOで、日本に対する見方は大きく異なる

CEO05

レポートの中でも、最も印象深いスライドの1枚。中国のCEOは最も重要な3カ国に日本を含めた回答が多かった。一方、アメリカは2020年よりむしろ減っている。また、アメリカ企業のCEOは急速に中国と距離を取り始めている。

第24回世界CEO意識調査


(文・伊藤有)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み