サイバートラックをキャンピングカーにするキットの予約販売開始…ただし、サイバートラックの発売日はまだ決まっていない

サイバーランダーは、テスラのサイバートラックに搭載する。

サイバーランダーは、テスラのサイバートラックに搭載する。

CyberLandr

  • ストリームイットは、テスラのサイバートラックをキャンピングカーにするアタッチメント「サイバーランダー」の予約販売を開始した。
  • サイバーランダーは、通常の駐車スペースに収まるサイズで、シャワー、キッチン、ベッドを備えている。
  • また、浄水器、音声認識システム、スターリンクでのインターネット接続キットも備えている。

テスラ(Tesla)の「サイバートラック(Cybertruck)」はまだ発売日も決まっていないが、ある企業が価格5万ドル(約540万円)のアタッチメントの予約販売を開始した。これを搭載すると、サイバートラックがキャンピングカーへと早変わりする。

ラスベガスを拠点とする分析会社ストリームイット(Stream It)は、サイバートラックを多目的に使えるようにするアタッチメント「サイバーランダー(CyberLander)」を開発した。これがあれば、移動可能な住居として、週末の旅行や緊急時の避難所にも使えるようになる。

同社によると、一般的なキャンピングカーとは異なり、サイバーランダーは通常の駐車スペースに収まり、運転中に視界が妨げられることもないという。

先行予約はすでに始まっており、最初の20台は4万ドル(約430万円)で、徐々に通常の小売価格である5万ドルまで高くなっていく。

ただし、サイバートラックの最終的な仕様が発表されていないため、サイバーランダーの機能が変更される可能性もあるとストリームイットは述べている。製造場所はテキサス州であり、テスラもサイバートラックの製造を同州で行う予定だ

納品が始まるのはテスラがサイバートラックの予約注文分の出荷予定と同じ2021年後半になるという。

テスラのイーロン・マスク(Elon Musk)CEOは、2019年11月にサイバートラックについて発表し、「あなたのいかなるニーズに対しても対応可能だ」と述べた。それを具体的に示すために、同社は「サイバーキャンパー」と称した、引き出し式のキッチンと飛び出す天井を装備したイメージ画像を公開した。

2019年にテスラが公開した「サイバーキャンパー」のイメージ画像。

2019年にテスラが公開した「サイバーキャンパー」のイメージ画像。

Tesla

テスラはその後、サイバーキャンパーやサイバートラックの発売日について沈黙を守っているが、カナダのコンセプト・アーティストが自ら考案したサイバーキャンパーのコンセプト画像を公開している。そんな中で代替案を持って登場したのが、ストリームイットということになる。

シャワー、音声認識、衛星インターネット接続キットを装備

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み