無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


テック大手はパンデミック後もリモートワークOK…フェイスブックも永続的に在宅勤務が可能と改めて発表

記者会見を前に従業員に声をかけるフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO。2010年10月6日、フェイスブック本社で。

記者会見を前に従業員に声をかけるフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO。2010年10月6日、フェイスブック本社で。

Justin Sullivan/Getty Images

  • フェイスブックは、パンデミック後も同社従業員は長期的なリモートワークが可能だと発表した。
  • フルタイムのリモートワークには、上司の承認が必要になる。
  • ツイッターなど他のテック大手も、永続的なリモートワークが可能だと述べている。

フェイスブック(Facebook)は2021年4月18日、同社従業員は新型コロナウイルスのパンデミックの後も自宅で働くことができると改めて発表した。

同社のブリン・ハリントン(Brynn Harrington)人事担当バイスプレジデントは、従業員の中には、自宅で「とても生き生きと働いて」いて、リモートワークの継続を希望する者がいるとBBCに述べた

「例えば、子どもがいる従業員は、通勤時間をかけずに仕事をすることに満足し、自宅で働くことに喜びを感じている」

従業員は上司に申請することで永続的にリモートワークをすることができると、ハリントンは付け加えた。

彼女は、リモートワークは「未来」だが、簡単には調整できない従業員もいると述べた。

「もちろん、これはパンデミック中の在宅勤務であり、健全な時代のものではない」と彼女は述べた。

「介護をしている人、ルームメイトと小さな部屋で暮らしている人など、そのような従業員はオフィスに戻ることを望んでおり、我々は安全にオフィスを開けられるようになったらすぐに対応できるよう務めている」

フェイスブックが最初に長期リモートワークの実施を発表したのは2020年5月のことで、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOは、同社従業員の50%を今後10年以内に完全にリモートワークにしたいと述べた。

ブルームバーグによると、フェイスブックはシリコンバレーのオフィスを、2021年5月に定員の10%に限って再稼働する予定だ。従業員はマスクの着用、ソーシャルディスタンスを義務付けられ、場合によっては毎週新型コロナウイルスの検査を受けると記事は報じている。

長期の在宅勤務を採用するテック大手は、フェイスブックだけではない。ツイッター(Twitter)は従業員に無期限のリモートワークを認めた最初のソーシャルメディア企業だ。

マイクロソフトは2020年10月、自宅で働くか、オフィスで働くかを選択できるようにすると発表した。同社によると、リモートワークが認められるのは平均勤務時間の半分以下で、それ以上を希望する場合は、上司に相談する必要がある。

[原文:Facebook says its staff can continue working from home after the pandemic

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み