Airbnbは創業期にどうやって30億ドルの資金調達に成功したのか? プレゼン資料を公開

エアビーアンドビー(Airbnb、以下エアビー)は、過去20年間で最も飛躍的な成功を収めたスタートアップのひとつだ。

創業は2008年。当初は「エアベッド&ブレックファスト(AirBed&Breakfast)」という社名で、旅行者が地元の民家からエアマットレスを借りられるようなシステムをつくろうというコンセプトだった。

airbnb

エアビーアンドビーの共同創設者。左からブライアン・チェスキー、ネイサン・ブレチャージク、ジョー・ゲビア

Airbnb

それから12年後の2020年12月には、コロナ禍をものともせずにIPOを実現。今や時価総額は1000億ドルを超えている。

しかし、後にこれほどの巨大企業になるエアビーも、爆発的に成長する前の最初の1年間はずっとつまずいてばかりだった。シリコンバレーの著名ベンチャーキャピタルであるYコンビネータを通じて、成功に向けて試行錯誤していたのだ。

このとき共同創業者の3人は、同社にとって初となる資金調達のためにピッチデック(プレゼン資料)を作成した。エアマットレスをレンタルする会社として事業を始めようとしていた頃の、最初のピッチデックだ。

そこには、今や1000億ドル企業となった同社がどのように事業をスタートさせたかが示されている。このピッチデックが、やがて同社に30億ドル以上の調達資金をもたらすことになるわけだ。

そこで本稿では、気になるこのエアビー創業当初のピッチデックの内容を紹介しよう。

2008年の創業当初の社名は「エアベッド&ブレックファスト」だった

図表1

【スライド和訳】

1エアベッド&ブレックファスト

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み