【山口周×佐久間裕美子・後編】環境運動は「意識高い系」のものではない。私が古着に回帰した理由

山口周さんと佐久間さん

「思考のコンパスを手に入れる」ために、山口周さんによるさまざまな知見を持つ人との対話。

前回に引き続き、対談相手は『Weの市民革命』で消費はアクティビズムになったと解説した文筆家の佐久間裕美子さん。後編では、佐久間さん自身の消費、ライフスタイルの変化についても伺います。


山口周氏(以下、山口):本の中で、NYのコミュニティスペースを運営するマッキンゼー出身者を紹介しておられました。WEBサイトも見ましたが、錚々たるキャリアの人たちが集まっています。ハーバードやマッキンゼー出身で、高報酬のポストがいくらでもある中、ソーシャルビジネスを立ち上げて地域の活性化に取り組んでいる。これも静かに進行している革命のひとつだなと。

佐久間裕美子氏(以下、佐久間):やはりリーマンショック以降、これまでの株主還元型資本主義の社会で本当にいいのかという疑問を持つ人たちが増えたと感じていましたが、その流れのひとつだと思います。それまで企業の至上命題は利益を最大化し、株主に還元することこそ社会的責任だとされていました。

私が暮らし始めた1990年代後半のアメリカは、離職率も高く、1、2年で転職を繰り返してキャリアアップし、ヘッドハントされて年収を上げていくのが当たり前でした。

でも企業からすると採用コストがかかるし持続性も低い。従業員をつなぎ止めておくために、例えばシリコンバレーでは社員食堂をつくったり、マインドフルネスのクラスを開催していますが、それからさらに研究が進み、パーパス(目的)の重要性という考え方が注目されるようになりました。

「何のために仕事するのか」という目的が、年収の高さや福利厚生以上に、労働者に企業への愛着や忠誠心をもたらし、結束力の高さや離職率の低さにつながっていることがわかったのです。

私の周りでも、これまで勤めていた高報酬の会社をやめて、環境変動に人生を捧げることにしたという人や、大手アパレルメーカーの工場で生産管理をしていたけれども「こんな魂のない仕事は嫌だ」と言って、自分の地元の育った街のコミュニティで工場を始めた人がいます。

人生設計の目的が時代の変化とともに変わってきたように感じます。これまでの資本主義の激しい競争から降りて、自分の属しているコミュニティや専門分野で目的や生き方を考え直す人々が増えている。

気候変動をめぐる新たな分断

テスラモデルS車

電気自動車メーカーのテスラは、「世界の持続可能なエネルギーへの移行を加速する」という使命を掲げる

Justin Sullivan/Getty Images

山口:新しい宗教改革のようですね。

パーパスエンジニアリングのコンサルティング会社を立ち上げた友人は、もともとP&Gに勤めていましたが、在籍していた20代の頃からビジネスの目的(パーパス)やビジョンを非常に大事にしていました。ある日、アメリカ人の上司と新商品の打合せをする中で「この商品を出す目的や意義は」と聞いたら、「仕事なんだから利益を上げる以外の目的なんてないに決まっているだろう」と言われたそうです。そこでキャリアを考え直したと。

ビジネスに社会的意義を求める友人と、利益を出す以外に目的はないという上司。どちらも正しいのでしょうが、そこには深い断絶がありますよね。この対立は、ある種の宗教戦争のようだと思います。

プログレス(進歩)が叫ばれる一方、リベラルとコンサバティブの間で溝が深まっているように見えます。持続可能な社会のために電気自動車やハイブリッドカーに乗る人もいれば、気候変動なんてまやかしだ、いい車を乗り回してガソリンをガンガン燃やしてステーキ食べるぞという人もいる。相互に歩み寄るのではなく、それぞれの宗教を信じて、お互い耳を傾けようとしない。

宮台真司さんは、同じ価値観を持つ人間だけで集まることを「島宇宙化」と呼びました。散在して交わらない。アメリカは日本より早く島宇宙化が進むモメンタムの中にあるように思います。

社会的大義には「利がある」という世論が形成

佐久間:いまソーシャル・レスポンシビリティに取り組む人たちは2種類います。心から正しいと信じて使命として取り組んでいる人たちと、そこに商機を見出している人たちです。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み