無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップル純正の忘れ物タグ「AirTag」がすごい理由…世界中のiPhoneで紛失物を検知、価格3800円

AirTag

アップルは純正の“忘れ物タグ”「AirTag」を発表した。

出典:アップル

アップルは4月21日(日本時間)、iPhone向けアクセサリー「AirTag」と、iPhone 12/12 mini向けの新色「パープル」を発表した。

AirTagとパープルのiPhone 12/12 miniはいずれも4月23日に予約開始、4月30日に発売開始予定。

新色パープル

iPhone 12/12 miniの新色「パープル」。

出典:アップル

AirTagの直販価格は1個あたり3800円、4個セットで1万2800円。iPhone 12/12 miniのパープルは従来の色との金額変更はなく、iPhone 12 mini・64GBが8万2280円〜、iPhone 12が9万4380円〜。(いずれも税込)

アップル純正「忘れ物タグ」が画期的な理由

AirTag

AirTagの特徴。

出典:アップル

AirTagは、「MAMORIO」や「Tile」のような「紛失防止タグ」「忘れ物タグ」と言われるアクセサリーだ。iPhoneやiPadの「探す」アプリで、AirTagの位置を特定したり、ブザーを鳴らすことができる。

AirTagと従来製品との大きな違いを一言で言えば、「圧倒的な検知ネットワークの広さ」と「使いやすさ」にある。ネットワークの広さについてもう少し説明しよう。

AirTag

AirTagの位置や操作は「Find(探す)」アプリで実行する。

出典:アップル

このような紛失防止タグは4Gや5Gといったモバイルネットワークに対応しているわけではなく、基本はスマホなどの接続が必要だ。しかし、紛失時は自分のスマホと接続が切れてしまう=オフラインになることも十分考えられる。

そこでこれらの製品は、同じブランドの製品を持つユーザーが、ほかのユーザーのタグが発する電波を検知し、それを匿名化した上で共有する……といった仕組みをとっている。

つまり、忘れ物タグの1つの肝は、「それぞれのブランドでいかにユーザーを増やすか」「それによっていかにネットワークを広げるか」だ。

AirTagが画期的なのは、世界で10億台以上あると言われるiPhone、iPad、Macといったアップルデバイスで検知されるため、ネットワークの広さは極めて広いと考えられる。

やや大げさだが、「Precision Finding(正確な場所を見つける)」機能はAirTagの公式PVでわかりやすく説明されている。

出典:アップル

さらに、AirTagにはアップルのU1チップが搭載されており、iPhone 11および12シリーズを持っていれば「Precision Finding(正確な場所を見つける)」機能が利用できる。

正確な場所を見つける機能では、AirTagが家の中など近くにある場合、スマホからタグまでの方向や距離を画面表示、振動、音で教えてくれる。上の動画では、その様子が紹介されている。

専用アクセサリーも充実、エルメスコラボも

AirTagアクセサリー

AirTag用に設計されたアクセサリーも登場。また、直販サイトでは無料で最大4つの文字や絵文字を刻印できる。

出典:アップル

AirTag自体はシンプルな円形の薄型デバイスだが、カバンに付けるバッグチャーム、キーリング、トラベルタグなど、純正およびサードパーティー製の専用アクセリーが用意されている。

すでに純正以外ではiPhone向けアクセサリーでも定番のベルキンが「キーリング付きセキュアホルダー」と「ストラップ付きセキュアホルダー」(いずれも1580円税込)をリリース。

AirTag Hermès

エルメスとのコラボセット「AirTag Hermès」。

出典:アップル

また、純正品ではエルメスとのコラボモデル「AirTag Hermès」が登場。エルメスらしい手づくりの革製アクセサリーとなClou de Selleのシグネチャをベースにしたカスタム刻印が施されたAirTag本体のセットモデルとなる(3万5800円税込〜)。

(文・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み